Out of Office 旅に出よう

とあるサラリーマンの週末旅行記&搭乗記

1日目:大韓航空 KE2 成田〜仁川 ビジネス

西アフリカまでの長旅の出発は、直前の仕事の都合で普段は滅多に使わない京成上野駅から。

f:id:Pablo21:20180930022135j:plain

平日の午後ということでガラガラだったスカイライナーであっという間に成田着。今回は目的地が目的地なだけに現地でのATM出金だけに頼るのは危険な気がするので、久しぶりに成田空港の両替所でドルとユーロを調達しました。

極悪レートが提示されていることが多いイメージでいつも忌避していたのですが、以前に比べるとまともなレートになっていた印象です。

f:id:Pablo21:20180930022151j:plain

大韓航空のチェックインカウンターに着いたのは既に出発時刻の1時間前を切ったタイミング。KEは40分前までチェックインを受け付けてくれますし、この時刻になるとエコノミーを含めカウンターは空いているので、早く来て行列に出くわすよりもスムーズです。

f:id:Pablo21:20180930022144j:plain

ビジネスクラス利用なので、SKY PRIORITYの優先保安検査場からイミグレへ。左半分が塀で覆われていましたが、改装中なのでしょうか。

f:id:Pablo21:20180930022207j:plain

出国後はデルタ航空のスカイクラブへ。あまり時間が無いのですが、滅多に無いスカイチームキャリアでの出国ですから、軽く見学だけでも。

f:id:Pablo21:20180930022215j:plain

既にデルタ航空の米国便は大方出発してしまった後なので、ラウンジ内はかなり空いていました。

f:id:Pablo21:20180930022230j:plain

こけしで和の演出。

f:id:Pablo21:20180930022238j:plain

こけしはまだしも、このような昭和風情の看板というのは、米国人に対する和の演出になるのでしょうか。

f:id:Pablo21:20180930022246j:plain

ミール類も、カップ麺やおにぎりのみだった大韓航空ラウンジとは比べものになりません。スカイチーム便で出国する際は実質ここ1択ということでしょう。

f:id:Pablo21:20180930022221j:plain

搭乗時刻が迫っているので、ラウンジ滞在は10分ほどで早々に後に。ゲートへ向かう途中で、本日搭乗予定の大韓航空機がよく見えます。今回搭乗のKE2便はホノルル発→成田経由→仁川行きというフライトなので、この機体もホノルルから飛んできました。

f:id:Pablo21:20180930022254j:plain

ゲート前がこのような丸い造りになっているのは第1ターミナルの特徴。普段第2ターミナルばかり使っている身からすると慣れない光景です。

f:id:Pablo21:20180930022301j:plain

ゲートに着くと、既にエコノミークラスの搭乗まで開始していました。

f:id:Pablo21:20180930022308j:plain

搭乗。座席は2-2-2の配置で、フルフラットにはならない滑り台型のシートです。

f:id:Pablo21:20180930022324j:plain

席に着いてしばらくするとウェルカムドリンクとナッツのサービス。グアバジュースが出てくるのは大韓航空の特徴です。

f:id:Pablo21:20180930022355j:plain

座席前のポケットに機内食メニューが入っていたので早速チェック。

f:id:Pablo21:20180930022332j:plain

大韓航空定番のビビンバと洋食の2択。

f:id:Pablo21:20180930022339j:plain

ホノルル発の便なので、ホノルル/成田間のメニューも載っているのですが、なんとメインコースのビビンバが具材まで全く同じだったのには驚き。ホノルルから仁川までの通しでの搭乗はあまり想定していないということでしょうか。

f:id:Pablo21:20180930022349j:plain

この便には一応ファーストクラスの設定があります。ただし、ファーストクラスも座席配置はビジネスと同じ2-2-2であまり快適では無さそう。フルフラットになる分ビジネスクラスよりは良いシートですが、他社に比べるとかなり貧弱な設備であることは間違いありません。

f:id:Pablo21:20180930022410j:plain

夕刻の成田を離陸。JALANAの夕方のピーク時間帯と被り、離陸前は滑走路の順番待ちが数分ありました。

f:id:Pablo21:20180930022418j:plain

離陸後は一旦東に向かい、九十九里浜から銚子のあたりで旋回して西へ。

f:id:Pablo21:20180930022427j:plain

短いフライトですから、シートベルトサインが消灯したらすぐに機内食がサーブされます。ご飯がパックなのは以前から同じ。

f:id:Pablo21:20180930022507j:plain

日本語の上手なクルーが丁寧に作り方を教えてくれました。作り終えた後はご飯のパックが回収されてスープが登場します。ビビンバももちろん美味しいですが、魚のダシが出たこのスープが個人的にはかなりヒット。

f:id:Pablo21:20180930022515j:plain

ビビンバとスープを食べ終わると、皿が片付けられてデザートのフルーツが登場。日韓線という短距離にしては頑張っている機内食といえる内容でした。

f:id:Pablo21:20180930022523j:plain

食後は外も真っ暗になってしまったので、モニターを出してフライトマップでも眺めながらゆっくり。大韓航空の就航都市にはロゴを表示させているのはユニークな試みです。

f:id:Pablo21:20180930022532j:plain

機内誌のルートマップにも目を通してみました。中国の就航都市数の多さや、東南アジアでもチェンマイやダナンなどの首都以外の都市への就航など、日系では太刀打ちできない路線網は壮観。

f:id:Pablo21:20180930022459j:plain

欧州も同様。バルセロナサンクトペテルブルクザグレブなどはほとんど観光需要なのでしょうが、よく採算が取れるものです。

f:id:Pablo21:20180930022442j:plain

それに対して、北米は日系と対して変わらず。北米のアジア玄関口としては、成田はまだ存在感のある地位を守ることが出来ています。

f:id:Pablo21:20180930022449j:plain

成田出発から2時間で仁川に到着しました。大韓航空が発着するのはオープンしたての第2ターミナル。

f:id:Pablo21:20180930022546j:plain

降機してすぐの、韓国国旗と出発地の国旗による出迎えは第1ターミナルと同じでした。なぜ日の丸じゃないのか?と思いましたが、よく考えたらこの便の出発地はホノルルでした。

f:id:Pablo21:20180930022554j:plain

第2ターミナルはかなりの大規模。停まったゲートが悪かったのか、イミグレまでかなり歩かされました。

f:id:Pablo21:20180930022601j:plain

どうやら韓国の入国は方式が変わったようで、現在ではパスポートに入国印は押されず、その代わりにこのようなEntry Confirmationというものが発行されるシステムに変わりました。パスポートのページが無駄に埋まるのを防げるので、この変更は歓迎。

f:id:Pablo21:20180930022620j:plain

今の所第2ターミナルを利用しているのは大韓航空、デルタ、エールフランス、KLMの4社のみ。スカイチームメンバーでも仁川への就航便数の多い中国東方、中国南方などはまだ移ってきていないこともあり、キャパシティには随分余裕がある様子で、預け荷物受取場もガラガラでした。

f:id:Pablo21:20180930022611j:plain

預け荷物受取場を抜けたら到着ロビー。何となくの記憶では、第1ターミナルの到着ロビーと随分似た造りな気が。

f:id:Pablo21:20180930022630j:plain

そのまま、乗り継ぎ便のエミレーツが出発する第1ターミナルへ移動します。到着ロビーのインフォメーションセンターで確認したところ、出発ロビー階の5番出口付近から無料のシャトルバスが出発しているとのことでした。

f:id:Pablo21:20180930022645j:plain

こちらが時刻表。基本は7分間隔で運行しているようです。

f:id:Pablo21:20180930022652j:plain

途中、ハイアットホテルを経由して第1ターミナルへ。ハイアットで一夜を明かす場合でもこのバスが使えます。

f:id:Pablo21:20180930022700j:plain

すぐやってきたバスに乗車。IT先進国の韓国ですが、シャトルバス内にはWi-Fiは飛んでいませんでした。大回りをしているのか意外と第1ターミナルまでは遠く、乗車時間は20分ほどかかります。

f:id:Pablo21:20180930022708j:plain