Out of Office 旅に出よう

とあるサラリーマンの週末旅行記&搭乗記

10日目:LATAM航空 LA262 プエルトモン〜サンティアゴ エコノミー

友人に何から何まで世話になった3日間のプエルトバラス滞在も終わり、日本への帰路へ。まずはプエルトモンの空港からサンティアゴまで戻ります。

f:id:Pablo21:20180304014813j:plain

チェックインは一般レーンは少し混雑していたものの、優先レーンは待つ人も無くすぐに手続き完了。サンティアゴから先はアメリカン航空に乗り継ぐのですが、別冊航空券なので荷物のスルーチェックインは受け付けてもらえませんでした。

f:id:Pablo21:20180304014823j:plain

ラウンジはサンティアゴと同じくPacific Clubのみ。ここの空港では入ったことがないので、プライオリティパスを使って入室してみることに。

f:id:Pablo21:20180304014834j:plain

部屋の狭さ、人の多さ、フード類の貧弱さ共にサンティアゴと変わらず。息が詰まりそうになるので早々に退散してゲート前へ向かいます。

f:id:Pablo21:20180304014845j:plain

Flightradar24でチェックしていると、折り返しになる到着便が40分の遅延。しかも、プンタアレナス行きに機材故障があったらしく、その到着便もそちらに廻されてしまいました。

結局、搭乗予定の便の機材は、当初プンタアレナス行きだった故障機材に。応急処置が施されてとりあえずサンティアゴまでは飛べるようですが、結局搭乗開始は1時間半遅れ。サンティアゴでの乗り継ぎは3時間を確保していますが、別冊ということもあり少しヒヤヒヤ。

f:id:Pablo21:20180304014857j:plain

幸い搭乗はスムーズに完了し、すぐに離陸。

f:id:Pablo21:20180304014908j:plain

行きの機材と違い窓が汚れていないので、ずっと景色を楽しみながらのフライトとなりました。

f:id:Pablo21:20180304014920j:plain

サンティアゴでは、一度空港上空を通過してから旋回してアプローチ。

f:id:Pablo21:20180304014930j:plain

到着したのは20時過ぎ。乗り継ぎのアメリカン航空は21:45発ですが、預け荷物も10分ほどでターンテーブルに出てきたので、なんとか間に合いそうです。

f:id:Pablo21:20180304014940j:plain