Out of Office 旅に出よう

とあるサラリーマンの週末旅行記&搭乗記

3日目:礼文島滞在 (4) トレッキング <礼文林道コース>

1日がかりの岬めぐりコース、8時間コース、礼文林道コースを繋ぐトレッキングも、いよいよ最終パート。 

8時間コースも歩き終わり、宇遠内分岐点から礼文林道コースへ。

f:id:Pablo21:20201104204611j:plain

林道というだけあり、車両も通れそうな幅の道です。周囲は背の高い笹が育っており、視界はあまり開けていません。

f:id:Pablo21:20201104211530j:plain

40分ほど歩いて、礼文滝コースへの分岐に到着しました。ここから2kmほど進んだ先の海岸線沿いにある礼文滝まで続くこのコースは渡渉もあったりして面白いルートのようなのですが、この日は時間が無いのでパスして先へ。

f:id:Pablo21:20201104211654j:plain

分岐から更に20分歩くと、レブンウスユキソウ群生地。礼文の名前が付いていますが、礼文島の固有種ではなく、北海道やサハリンであれば各地で見られる花だそうです。

f:id:Pablo21:20201108003757j:plain

 レブンウスユキソウのベストシーズンは6月だそうですが、7月中旬のこの時期でもまだこの通りたくさん咲いていました。

f:id:Pablo21:20201108003920j:plain

拡大するとこんな見た目の花。サウンドオブミュージックで有名なエーデルワイスの仲間です。

f:id:Pablo21:20201108004023j:plain

 

礼文島の山間部は森林が無い禿山状態のところが多いのですが、これは過去に複数回あった山火事が原因だそう。現在、所々では植林での森林回復が図られています。

f:id:Pablo21:20201108004250j:plain

群生地の少し先には、元地集落を見渡せる展望台。最後の最後で、雲の隙間から晴れ間も見えてきました。

f:id:Pablo21:20201108004417j:plain

群生地から20分歩いて車道への合流地点に到着し、礼文林道コースも終了。この後は車道を1.5km歩き、16:30に香深の町まで歩き終えました。約30kmを9時間で無事踏破です。

f:id:Pablo21:20201108004644j:plain

この日の夜は、漁協直営の食堂「海鮮処かふか」へ。評判が良いだけあり、電話をかけると予約で満席とのことでしたが、時間をずらして20時頃に伺うと、直ぐに入ることが出来ました。

f:id:Pablo21:20201108005649j:plain

漁協直営なだけあり、やはり推しは海の幸ということで、寿司を注文。ウニやホタテをはじめ、地元の水揚げ品を中心にしたネタで8貫1,840円と、東京に比べればかなり良心的な値段で満足でした。

f:id:Pablo21:20201108005231j:plain