Out of Office 旅に出よう

とあるサラリーマンの週末旅行記&搭乗記

2019年旅行まとめ

2019年の旅行まとめ。海外渡航の回数は合計12回(プライベート10回+出張2回)でした。

 

1月:コスタリカ (2回目)

世界でも屈指の生物多様性を誇り、世界全体の生物種のうち約5%が生息していると言われるコスタリカ。そういう背景もあり、コスタリカではエコツーリズムが盛んです。今回の旅行も、コルコバード国立公園で3日間のジャングルトレック、チリポ山で2日間の登山と、まさに自然の中で過ごした年末年始休暇でした。

f:id:Pablo21:20190217221223j:plain

 

1月:香港 (2回目)

私にしては珍しい、友人グループ旅行で香港へ。LCCで飛び、昼は飲茶に行き、午後には中国占いを試し、夜はビクトリーピークで夜景を楽しむ。そういった普通の旅行もたまにはアリでした。

f:id:Pablo21:20191222170025j:plain

 

2月:アメリカ (2回目)

乗り継ぎで空港近くに1泊と言う程度なら今までに何回も訪れているアメリカですが、しっかりと滞在をしたという意味では実はこれで2回目。今回はニューヨークに滞在し、エスニックタウン巡りを目的とした旅行です。隣り合う地区でも大通りを1つ跨ぐだけで看板の言語が異なっていたりと、中高社会科の授業で習った"人種のサラダボウル"をこの目で確認できました。

f:id:Pablo21:20190317160433j:plain 

3月:ニュージーランド (2回目)

シンガポール航空のスイート特典航空券が入手出来たので訪れることにしたNZ。海外トレッキングの中では最も有名な部類に入るトンガリロ・アルパインクロッシングに挑戦してきました。トンガリロ自体は景色は素晴らしい一方、日帰りコースということもあって観光客が多過ぎた印象ですが、次回は南島の長距離トレッキングにも挑戦したいところです。

f:id:Pablo21:20190407234511j:plain

 

5月:西サハラ (128カ国目)、モーリタニア (129カ国目)、スペイン (5回目)

天皇即位の祝日のおかげで例年より長くなったGWは西アフリカへ。日本はおろか、欧州からの直行便もほぼ皆無なため、行きも帰りもスペインのカナリア諸島で1泊が必要になるほどの地域です。

それでも一度現地に着いた後は、西サハラでは無政府地帯の国境を越え、モーリタニアではサハラ砂漠を走る貨物列車の荷台で一晩を過ごすなど、なかなかユニークな旅になりました。

f:id:Pablo21:20190601194108j:plain

 

6月:韓国 (2回目)

昨年初めて訪れたときはカザフスタン行きの途中での1泊のみだったため、韓国を最終目的地とする旅行は今回が初めて。ソウルや釜山では無く済州島に向かい、韓国最高峰であるハルラ山(漢拏山)に登ってきました。登山はコースも整備されており難しくはありませんでしたが、曇天だったのが残念。

f:id:Pablo21:20190620001617j:plain

 

7月:ベトナム (2回目)

2017年以来2度目のベトナム。前回のサパに続き、今回も大都市やリゾートでは無く自然系の見所を攻めることにして、フォンニャ=ケバン国立公園を行き先とすることに。ここの洞窟探検ツアーは普通のトレッキングと違い、ロープを使った崖伝いの移動やら真っ暗闇でヘッドライトを頼りにした水泳コースやら、アスレチック要素の強いツアーでかなり楽しめました。

f:id:Pablo21:20190730011227j:plain

 

7月:イギリス (3回目/出張)

久しぶりの業務出張先はロンドン。出張だったのでほとんど外に出る機会は無かったのですが、空き時間にロンドン橋まで散歩したり、業務後はパブの屋外席で一杯など、夏のロンドンを満喫しました。東京勤務よりもロンドン勤務の方が楽しそう、と思うのは、隣の芝生が青く見えるだけでしょうか。

f:id:Pablo21:20191222160713p:plain

 

8月:スペイン (6回目)

今回訪れたのはスペイン本土から飛行機で2時間以上離れた大西洋上にあるカナリア諸島。その中で目指したのは、スペイン最高峰のテイデ山を擁する火山島であるテネリフェ島です。目的はもちろんテイデ山の登山。

前日深夜にテネリフェ島に到着して翌日朝から登山開始、その次の日の午後に下山した後はそのまま空港に直行して帰国、という弾丸スケジュールでしたが、無事登頂することが出来ました。

f:id:Pablo21:20190831205006j:plain

 

9月:ペルー (5回目)、コロンビア (5回目)

今年の夏休みの旅先は、南米・アマゾン地域へ。ペルーのイキトスから入り、貨客フェリーでアマゾン川を下ってコロンビアのレティシアまで抜け、そこからは先住民のティクナ族が暮らす村に移動して数泊滞在するという流れです。

大抵のアマゾンへの旅行客は、観光地化された村を訪れ、先住民の踊りを見た後でお土産を売りつけられるようなツアーで済ませてしまうところですが、事前リサーチのおかげでより先住民の日常生活を垣間見られる旅行が出来ました。

f:id:Pablo21:20191022195827j:plain

 

10月:クック諸島 (130カ国目)

南太平洋に浮かぶ小島であるクック諸島のラロトンガ島。南太平洋の島の大半はサンゴ礁がベースになっている平坦な地形ですが、この島は火山島なので内陸部は山がちな地形になっています。その島に2日間滞在し、日帰りトレッキングを2本楽しんできました。

f:id:Pablo21:20191124131122j:plain

 

11月:イラン (2回目)

バックパッカーとして初めて旅行した先であるイランに11年ぶりに戻ることに。テヘランでは当時泊まった宿を再び見に行ったり、マシュハドでは前回の旅行で最も印象に残ったイマームホメイニ廟を訪れたりして、当時の気分に浸る旅になりました。また、イラン人のホスピタリティが変わっていなかったことも嬉しいポイントです。

f:id:Pablo21:20191214194117j:plain

 

12月:シンガポール (6回目/出張)

イギリスに続き今年2度目の出張先はシンガポール。短期間の忙しい日程で、シンガポールにいることを感じられたのはホーカーズで夕飯を食べる時くらい。シンガポールに来ると、安くて美味い食事にだけは困りません。

f:id:Pablo21:20191222172224j:plain

 

2019年はリピートで訪れた国が多く、新規でカウント出来たのは3カ国・地域(西サハラモーリタニアクック諸島)のみ。 これで累計の訪問国は130カ国・地域になりました。来年はもう少しペースを上げて新規国も開拓していくつもりです。