Out of Office 旅に出よう

とあるサラリーマンの週末旅行記&搭乗記

1日目:LATAM航空 LA601 ロサンゼルス〜リマ ビジネス

ターミナル4からは、制限エリア内に新設された専用通路を通って国際線ターミナルへ。

f:id:Pablo21:20180206011116j:plain

この通路が出来るまでは、一般エリアに出てから屋外を歩いてターミナル間を移動し、再度保安検査を受ける必要があったことを考えると、格段に楽になりました。

f:id:Pablo21:20180206011129j:plain

国際線ターミナルにあるラウンジは7カ所。3大アライアンスに加え、エミレーツやエティハドも自社ラウンジを構えているようです。

f:id:Pablo21:20180206011140j:plain

私が利用するのはカンタスのファーストクラスラウンジ。ワンワールドエメラルドステータスで利用可能です。

f:id:Pablo21:20180206011151j:plain

まだ深夜の出発ラッシュ時になるには早い時間帯で、ラウンジ内も混雑無く快適。

f:id:Pablo21:20180206011201j:plain

ダイニングスペースで食事。ここはビュッフェスタイルではなく、アラカルトメニューから注文するオーダー方式のみです。

f:id:Pablo21:20180206011212j:plain

一品目はハマチのクルード。ハマチは英語でもHamachiと呼ばれるようです。

f:id:Pablo21:20180206011234j:plain

メインはミニッツステーキ。見た目が貧相なことに加え、肉も硬くてがっかりでした。

f:id:Pablo21:20180206011245j:plain

食後は夜行便に備えてシャワー。殺風景ですがアメニティやシャワーの水圧は問題ありません。

f:id:Pablo21:20180206011255j:plain

ボーディングパスに記載された搭乗開始時刻は出発予定の45分前。少し早いなという気もしたのですが、時間通りにゲートに向かうとすぐ搭乗が始まりました。

f:id:Pablo21:20180206011322j:plain

搭乗。LATAM航空ではいつも、最初のクルーの挨拶時に会話は英語とスペイン語のどちらがいいか確認されますが、ここでスペイン語と答えるとクルーが大げさと思えるほどにホッとするリアクションするのもいつも同じ。きめ細やかな配慮とは無縁のラテン気質ですから、英語よりも確実にサービスの質が上がるのは当然です。どんな客に対してもハイレベルなサービスを提供する一方でクルーの個性に欠けるアジア系キャリアとは対照的。

機材はB787-8。A350と並んでLATAMの最新機材ですが、以前の主力だったB767と座席の仕様自体はあまり変わりません。ペアシートはソロ客としてはあまり嬉しくないのですが、フルフラットになるので快適ではあります。

f:id:Pablo21:20180206011332j:plain

座席配置は2-2-2。1Aを指定しており、ほぼ満席だったのですが隣りは空席でした。この座席配置だと、隣席に乗客がいるかどうかが重要になるのでラッキー。これもエメラルド効果でしょうか。

f:id:Pablo21:20180206011305j:plain

ウェルカムドリンクは、チリの会社らしく赤・白・シャンパンと3種類のワインから選べたので、白をチョイス。まだ離陸前にも関わらず、温められたナッツも一緒に配られます。搭乗が早かった分離陸までの待ち時間が長かったのですが、グラスが空くとすかさず、他のワインも試す?とクルーがやってくるので、結局離陸前から3杯も飲んでしまいました。

f:id:Pablo21:20180206011344j:plain

アメニティはSalvatore Ferragamo。

f:id:Pablo21:20180206011354j:plain

離陸後はすぐに食事の時間。食事メニューの搭載が忘れられていたようで、クルーが乗客1人1人に口頭でメニューを伝えて回っていました。ワインも赤/白だけではなく銘柄・ぶどうの種類・産地まで教えてくれた上で、各食事に最適のワインのおすすめまで教えてくれます。

前菜はアスパラガスのスープかホタテのソテーだったので、後者を選択。

f:id:Pablo21:20180206011409j:plain

メインは牛肉のポテト添え、 トゥルーチャのキヌア添え、プロシュートサラダの3種類。肉は重かったのでトゥルーチャにしたところ、大きな切り身が2つも入っておりかなりボリュームのある内容でした。味は程よい塩気で上々です。

f:id:Pablo21:20180206011422j:plain

デザートはアップルタルト、アイスクリームもしくはフルーツ。

f:id:Pablo21:20180206011433j:plain

食事が終わったのは離陸から2時間ほど経過した頃。メキシコの北中部を飛行しているあたりでした。朝食時に起こすかどうか聞かれたので、起こしてくれと頼んでから就寝。

f:id:Pablo21:20180206011444j:plain

4時間半ほど寝てから、朝食だということで起こされました。リマまであと1時間15分というあたり。

f:id:Pablo21:20180206011517j:plain

起きたら、ちょうど日の出のタイミング。B787シリーズは窓のシェードが電子式なので完全に真っ暗にはなりませんが、眩しさを感じるほどではありません。むしろ夜行便でも電子シェード越しに外の景色が見られるので、外を眺めるのが好きな人にとっては歓迎すべき改善です。

f:id:Pablo21:20180206011504j:plain

朝食はスクランブルエッグかハム&チーズ。後者はコールドミールとのことだったので、前者をもらいました。他のエアラインと比べると若干貧弱な内容かもしれません。

f:id:Pablo21:20180206011530j:plain

リマに向けて下降。どうやら曇天のようで、アンデス山脈も下界の景色もどちらもよく見えません。

f:id:Pablo21:20180206011541j:plain

地上がかなり近くなって、ようやく街の風景が見えてきました。

f:id:Pablo21:20180206011604j:plain

リマに到着。この便はリマ経由のサンティアゴ行きなので、サンティアゴまで行く乗客は機内で待機することになります。ビジネスクラスの乗客は7割程度がリマで降りて行きました。

f:id:Pablo21:20180206011634j:plain