Out of Office 旅に出よう

とあるサラリーマンの週末旅行記&搭乗記

4日目:サパ周辺トレッキング

翌日は7時頃に起床。宿代には朝食が含まれており、朝食メニューの中から食べ物と飲み物が、それぞれ気前よく2種類ずつ選べます。

f:id:Pablo21:20171213192611j:plain

朝からフォー。

f:id:Pablo21:20171213192624j:plain

食事を終えたら、この旅行のメインイベントであるトレッキングへ。サパ中心部のGraceful Hotelに入っているSapa Sistersというトレッキング専門のツアー会社で、前日に日帰りトレッキングの個人ツアーを40ドルで予約しておきました。当日は8時45分に集合です。

f:id:Pablo21:20171213192557j:plain

集合したらまず、ガイドと顔合わせを行い、今日の行程について話し合います。個人ツアーなので、日帰りで行ける範囲であればどこでもチョイス可能。地図を見ながら各コースを丁寧に説明してもらい、Ta Vanという町まで谷に沿って下っていく一番人気のコースを歩くことにしました。

コースを決めたら早速出発。10分ほど普通の車道を歩いたところで、1人だったら絶対に気づかないであろう小道に入るところからトレッキングが始まります。

f:id:Pablo21:20171213191639j:plain

幸い天気は良好。ちょうど稲刈りの時期の棚田を見ながらのトレッキングです。

f:id:Pablo21:20171213191627j:plain

東南アジアということで細長い米粒をイメージしますが、稲を見た限りでは日本米との違いはわかりません。

f:id:Pablo21:20171213191652j:plain

コースには滝もありますが、柵が無いので、足を滑らせたら一巻の終わり。

f:id:Pablo21:20171213191704j:plain

途中、ところどころに簡易休憩所が建っており、小休憩も可能です。

f:id:Pablo21:20171213191731j:plain

電気は無くても、冷えたドリンクは購入可能です。

f:id:Pablo21:20171213191749j:plain

ガイドのリリーは近隣の村出身の山岳民族の女性。足場はそんなに安定していないのですが、日傘をさしたままスイスイ進んでいきます。

f:id:Pablo21:20171213191557j:plain

日本と違い、稲刈りは全て人力です。

f:id:Pablo21:20171213191801j:plain

こちらはインディゴ畑。この地域ではインディゴの栽培も盛んらしく、リリーの民族衣装もインディゴで染色されています。

f:id:Pablo21:20171213191830j:plain

この谷をずっと歩き、先にある村を目指します。

f:id:Pablo21:20171213191841j:plain

途中、Lao Chaiという村に着いたらランチタイム。

f:id:Pablo21:20171213191906j:plain

真新しいフットサル場が整備されていました。

f:id:Pablo21:20171213191918j:plain

メッシとロナウドベトナムでも大人気。

f:id:Pablo21:20171213191932j:plain

川沿いのレストランで昼食。

f:id:Pablo21:20171213192014j:plain

冷えたファンタで一服。デザインが見慣れたものとはずいぶん違いますが、偽物ではなく正真正銘のコカコーラ社製です。

f:id:Pablo21:20171213192027j:plain

ランチもツアー代に含まれており、ライスかヌードルから選べました。

f:id:Pablo21:20171213192039j:plain

隣りに陣取る欧米人団体のテーブルには、食事中にもかかわらずお土産売りの人が攻勢を仕掛けています。きっぱりNoと言わない限り、トレッキング中もずっと付きまとってくるので要注意。

f:id:Pablo21:20171213192103j:plain

食後は再びトレッキング。

f:id:Pablo21:20171213192144j:plain

食後は再びトレッキング。脱穀はどうやら機械化されているようです。

f:id:Pablo21:20171213192157j:plain

町の隅による小学校に立ち寄ったところ、リリーの顔が広いのか、何と校内まで入れてもらえました。

f:id:Pablo21:20171213192328j:plain

訪れた時はちょうど昼休み。男子が外で遊ぶ一方、女子が集団で教室内に残るのは日本と同じ。

f:id:Pablo21:20171213192356j:plain

数学の授業が行われていたようです。

f:id:Pablo21:20171213192409j:plain

校庭にあったベトナムの地図には、当然南シナ海の領土も。

f:id:Pablo21:20171213192421j:plain

やはりというべきか、学校の正門にはホーチミン主席の写真が掲げられていました。

f:id:Pablo21:20171213192432j:plain

そのあとはまた棚田の中を歩いていきます。ガイドのリリー曰く、こうした棚田もドイモイ政策以前は全て国有だったとのことでした。

f:id:Pablo21:20171213192459j:plain

ベトナム国旗と並ぶベトナム共産党旗。ベトナムは市場開放が進んだ今でも一党独裁の国家です。

f:id:Pablo21:20171213192512j:plain

Ta Van村からはバイタクでサパへ戻ります。朝9時頃にサパを出発して、戻ってきたのは午後3時頃。日帰りにはちょうどいい長さのトレッキングでした。

f:id:Pablo21:20171213192523j:plain