Out of Office 旅に出よう

とあるサラリーマンの週末旅行記&搭乗記

2日目:タイ国際航空 TG564 バンコク〜ハノイ ビジネス

バンコクでの乗り継ぎ時間は当初の予定では3時間あったのですが、到着便が2時間遅延したため、実際は1時間のみ。今回はラウンジには行かず、こちらのロイヤル・オーキッド・スパに立ち寄ってみることにしました。

f:id:Pablo21:20171023235436j:plain

ビジネスクラス乗客の場合、マッサージの種類は肩or足の2択。施術時間はどちらも30分です。空いている時間帯だったのか、2~3分ほど待っただけですぐに施術してもらえたのはラッキー。

f:id:Pablo21:20171023235425j:plain

マッサージが終わったらそのままゲートへ。ちょうどエコノミー乗客の搭乗の真っ最中でした。

この区間はタイ航空の最新機材の1つであるB787が投入されています。2-2-2の配置で、座席はフルフラットにはなりますが、1人あたりの専有面積はかなり狭め。カタール航空A330とほぼ同じ仕様です。

f:id:Pablo21:20171023235447j:plain

座席操作ボタンはシンプル。

f:id:Pablo21:20171023235531j:plain

隣りに座る乗客のモニターは丸見え。特に斜めの視線をブロックできるような仕様にはなっていないようです。

f:id:Pablo21:20171023235458j:plain

ウェルカムドリンクは、タイ航空のシグニチャードリンクだというViolet Breeze。ノンアルコールでした。

f:id:Pablo21:20171023235508j:plain

メニュー。クアラルンプール線ではメインは3種類から選べましたが、さらに短いハノイ線では選択肢なしです。

f:id:Pablo21:20171023235519j:plain

夕暮れ時の離陸。

f:id:Pablo21:20171025225346j:plain

2時間未満のフライトでこれだけの機内食が出れば十分でしょう。

f:id:Pablo21:20171023235546j:plain

ハノイに到着したのは午後8時頃。到着便が重なるのか、入国審査が混み合っており、通過するのに20分ほどかかりました。特段の優先レーンのようなものもありません。

f:id:Pablo21:20171023235610j:plain

空港でSIMカードも入手。3GBで10ドルと手頃な値段で購入できます。

f:id:Pablo21:20171023235600j:plain

この日は旧市街にあるEmerald Waters Trendyというホテルで1泊。空港からはUber利用で235,000ドン(=約1,200円)でした。宿代も37ドルとお手頃。

f:id:Pablo21:20171023235621j:plain

宿に着いたのはもう9時半頃だったので、ホテルのレセプションで紹介してもらったレストランで夕食は軽く済ませます。ブンチャーというハノイ名物のヌードルで、麺と香草を甘めのタレにつけて食べるつけ麺のようなものでしたが、日本人好みの味でどんどん食べられます。

f:id:Pablo21:20171023235632j:plain