Out of Office 旅に出よう

とあるサラリーマンの週末旅行記録

1日目:JAL JL35 羽田〜シンガポール ビジネス

仕事終わりに飲み会に参加してから空港へ直接向かうつもりだったのですが、飲み会が思いのほか盛り上がってしまい、気づくと席を立つ予定だった時刻をかなり過ぎていました。これはマズいと思いつつ、とりあえずタクシーを捕まえ空港へ直行。その途中でオンラインチェックインも試みますが、既に出発の1時間前を切っているということで時間切れでした。

チェックインカウンターに着いたのは出発の35分前。カウンタースタッフにまだシンガポール行きのチェックインが可能か聞くと、既にチェックインは閉め切っているが、少し待つようにとの指示。ゲートとのやり取りを盗み聞きしていると、どうやら既に私の席の予約は既に取り消されており、ゲートでエコノミーの乗客のアップグレード用に回されてしまっているようでした。スタッフに最悪エコノミーになってもいいか?と聞かれますが、もはやこちらに選択肢はありません。

待つこと約10分。どうやったのかはわかりませんが、なんとかビジネスの元の座席を再確保できたらしく、次回以降は必ず45分前までにチェックインを済ませるようにとの口頭注意を受けた上で、当初の予約通りのボーディングパスを無事受け取ります。今回はスタッフの方に配慮してもらいなんとか事なきを得ましたが、久々に焦りました。

チェックイン後はスタッフにゲートまでエスコートされ、そのまま搭乗。

f:id:Pablo21:20171014220621j:plain

機材がB767なので、シートはスカイスイートⅡです。これに乗るのは久しぶり。6列目の窓側は窓が一つ少ないですが、寝るだけの夜行便なので特に問題はありません。

f:id:Pablo21:20171014220632j:plain

ビジネスは満席。

f:id:Pablo21:20171014220642j:plain

モニターも十分大きいのですが、なぜかタッチパネルが機能せず。整備不良でしょうか。

f:id:Pablo21:20171014220654j:plain

離陸後の食事は、お酒のつまみといったタパス系統のものが数種類。深夜便なので乗客は搭乗前に夕食まで済ませている前提での軽めの食事です。

f:id:Pablo21:20171014220705j:plain

この辺りで就寝。

f:id:Pablo21:20171014220716j:plain

朝食のオーダーは離陸前に事前に聞かれるので和食を選択。朝食は何時頃サーブされるかと聞くと到着の2時間前ということでしたがそれでは早過ぎるので、片付け等に問題が無ければ到着1時間前に起こしてくれるようにクルーに頼んでおきました。

依頼していた通り、到着1時間前に朝食。まさに日本のビジネスホテルの朝食といった雰囲気。

f:id:Pablo21:20171014220610j:plain

早朝のチャンギ空港に到着。JALの到着はターミナル3ですが、乗り継ぎ便のマレーシア航空はターミナル2なので、スカイトレインに乗ってターミナル移動です。

f:id:Pablo21:20171015000324j:plain