読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Out of Office 旅に出よう

とあるサラリーマンの週末旅行記録

3日目:フライト欠航の結末

2017年1月 カーボベルデ旅行

翌日、欠航仲間たちと8時半にホテルロビーで集合。念のためフロントスタッフにTACVから今日のフライトに関する連絡は来ていないかと確認したのですが、何も無いとのことだったので、全員で連れ立ってプライアの港へ向かいます。

タクシーに乗って10分ほどで港へは着きましたが、路上の即席魚市場等は目につくものの、フェリー乗り場がどこかわかりません。人に聞きながらしばらく奥へ歩いて行くと、"Gare Marítima"と看板が出ている建物が見つかりました。Gareはフランス語圏を旅しているとよく目にする単語ですが、ポルトガル語でも同じなのでしょうか。とにかくフェリー乗り場はここのようです。

f:id:Pablo21:20170122214512j:plain

しかし、中に入ろうとすると入り口にいた警備員に止められています。曰く、チケット保持者しか入れないとのこと。事情を話しても、ここにチケット売り場は無いからフェリー会社のスタッフが来るまで待てと言われ、入り口で立ったまま待つことに。

そのまま9時半を過ぎ、乗船も始まってしまいます。フェリーの中にフェリー会社のスタッフがいるのは確実なので、全員で警備員に頼み込んで空席があれば乗せてほしいと伝えに言ってもらったりしましたが、定刻の10時になると、私達の目の前でフェリーは出航してしまいました。結論としては、ここのフェリーは港でのチケット当日販売は行っておらず、市街地にあるフェリー会社オフィスもしくは代理店での事前購入が必須なようです。アフリカらしからぬ、きっちりとした運用です。

ちなみにこの日は大晦日。警備員に話を聞くと、明日は元旦でフェリーも運航無しとのこと。そうなると、あとはもう今日のフライトに賭けるしかありません。今日のフェリーに乗れない時点で諦める人もいましたが、私も含め何人かは空港へ行ってみることに。

空港に着いたのは11時頃。再びTACVのオフィスで話を聞くと、今日の朝便は奇跡的に飛んだものの私達までは席が回らなかったこと、その後視界が悪くなったため午後便は欠航の予定であることを告げられました。正直フライトが飛ぶことはそんなに期待していなかったため、予想通りの結果です。

私もこの時点で残念ながらフォゴ島行きは諦めて、プライアのあるサンティアゴ島のみで過ごすことに決めました。そもそもフォゴ島の火山とその周辺の不思議な風景の写真を見て今回の旅の行き先はカーボベルデに決めただけに残念ですが、そこまでたどり着けないのであればどうしようもありません。

ちなみに、フォゴ島の火山はこんな感じです。(写真2枚はWikiから借用。)

f:id:Pablo21:20170122221542j:plain

何回もの噴火を経て、溶岩や火山灰の影響で月面のようになった地形が特徴的です。火山は山頂まで登れるらしいので、登山にもトライする予定でした。

f:id:Pablo21:20170122222030j:plain

アフリカはまだまだ未訪問国が多く今後も来ることになるはず。いつか必ず戻ってきたい場所になりました。