Out of Office 旅に出よう

とあるサラリーマンの週末旅行記&搭乗記

3日目:モルディブ滞在 (3) ティラフシ島ぶらぶら

ヴィリンギリ島へ渡った昨日に続いて、2日連続で南西端の船着場へ。今日の行き先はティラフシ島です。

f:id:Pablo21:20180710001713j:plain

10分間隔で運航していたヴィリンギリ島への船と違い、ティラフシ島への船は1時間〜2時間に1本のみ。今回は13:00発の便に乗船しました。

f:id:Pablo21:20180712213204j:plain

中はがらがら。

f:id:Pablo21:20180712001321j:plain

出港後、船は昨日訪れたヴィリンギリ島の横を通過していきます。

f:id:Pablo21:20180712001334j:plain

ヴィリンギリ島を過ぎると、進行方向にティラフシ島が見えてきました。

f:id:Pablo21:20180712001344j:plain

30分ほどの乗船で無事ティラフシ島に到着。帰りの船は16時発の便に狙いをつけて、それまでの2時間半で島を探検してみます。

f:id:Pablo21:20180712001357j:plain

ティラフシ島はモルディブの国内産業を発展させることを目的として20年ほど前に開発が始まった島。そうした経緯から島全体が工業地帯のようになっています。一般家庭用の住宅は基本的に無く、労働者向けの宿舎があるのみ。女性は全く見かけず、おそらく人口全てが男性の島です。

f:id:Pablo21:20180712001429j:plain

メインの産業は造船業。小ぶりの船がほとんどですが、建造や修繕が行われている様子が伺えます。

f:id:Pablo21:20180712001558j:plain

この島で生活する労働者用の商店もいくつかありました。

f:id:Pablo21:20180712001441j:plain

中は普通のスーパーですが、工具類の品揃えが多いのが特徴的。

f:id:Pablo21:20180712001452j:plain

道路が舗装されておらず泥だらけの靴が多いためか、商店はどこも土足厳禁。

f:id:Pablo21:20180712001503j:plain

面白いことに、この島で目立つのはヒンディー語だかタミル語だかの文字。少なくともモルディブの言語であるディベヒ語ではありません。おそらくこの島の労働者の大半はインドやスリランカからの移民なのでしょう。

f:id:Pablo21:20180712001544j:plain

造船所エリアを抜けると、ゴミ集積場エリアに出ました。

f:id:Pablo21:20180712001619j:plain

ペットボトルはまとめて潰してリサイクルでしょうか。

f:id:Pablo21:20180712001629j:plain

そして、ティラフシ島の代名詞とも言えるゴミの山。

f:id:Pablo21:20180712001703j:plain

マーレにはゴミ処理施設が無く、首都で出たゴミは基本的に全てこの島へ運ばれてきます。GWに訪れたツバルにもこのような場所はありましたが、それとは比較にならない規模です。

f:id:Pablo21:20180712001928j:plain

ちなみに、このゴミの山から海を望むと、対岸にリゾートホテルのような施設が見えます。モルディブまで休暇に出かけて、泊まった部屋からの眺めがゴミの山だったらさぞかしがっかりなことでしょう。

f:id:Pablo21:20180712001740j:plain

ティラフシ島は今でも埋め立てによる拡張工事が継続中。

f:id:Pablo21:20180712001818j:plain

更に奥の方に歩みを進めると、船の墓場のような場所に辿り着きました。解体待ちなのか、いくつもの船が半分沈んだまま横たわっています。

f:id:Pablo21:20180712001829j:plain

ここで写真を撮っていたらどこからともなくこの廃船のオーナーだという人が現れ、この船を買いに来たのか?と聞かれました。5年前に中古船を買い取ったものの使い物にならず、部品だけでも処分して現金化できないかと考えて、ずっと保管(放置?)していたそう。まさか売り物だったとは。

f:id:Pablo21:20180712001841j:plain

そして島の最西端までやってきました。

f:id:Pablo21:20180712001855j:plain

ここでも更に埋め立てが行われている様子。白い砂浜と青い海のリゾートに代表されるモルディブの対外的なイメージとは随分違った風景がこの島にはありました。

f:id:Pablo21:20180712001906j:plain

15:40頃、船着場に帰還。ちょうど16時の船に合うタイミングで帰って来られました。

f:id:Pablo21:20180712001418j:plain

帰りの船は大混雑。ここでも当然乗客は男性のみです。

f:id:Pablo21:20180712002000j:plain

これにてモルディブ観光も終わり。ホテルに戻ってシャワーを浴びたら、空港へ向かいます。