Out of Office 旅に出よう

とあるサラリーマンの週末旅行記録

1日目:JAL JL925 羽田〜那覇 クラスJ

6月の旅先は台湾。直行便はいくらでもあるのですが、航空券の都合で沖縄経由で向かいます。

そういうわけで、いつもの国際線と違いこちらのターミナルへ。スターフライヤーは実質的にANAの子会社と認識していたのですが、北九州行きのみJAL側のターミナル発着なのは何か理由があるのでしょうか。

f:id:Pablo21:20170702171854j:plain

19:40出発予定が10分遅延。

f:id:Pablo21:20170702171843j:plain

機材はB767。ファーストクラスの設定が無いタイプです。

f:id:Pablo21:20170702171832j:plain

搭乗開始。最終便ということで、沖縄線にしては優先搭乗のビジネス客が多い印象です。

f:id:Pablo21:20170702171818j:plain

シートは1A。離着陸時はジャンプシートに座っているチーフと向かい合う形になります。

f:id:Pablo21:20170702171808j:plain

国内線なので特に何事もなく、2時間半で那覇に到着。

f:id:Pablo21:20170702171757j:plain

22時を過ぎてがらんとした那覇空港。出発便はもう無く、店も全て閉まっていました。

f:id:Pablo21:20170702171747j:plain

この日は那覇で一泊します。ゆいレールに乗って市街へ。

f:id:Pablo21:20170702171722j:plain

切符は一見すると東京のJRのものと大差ありませんが、自動改札機に通すのではなく、QRコードをセンサーにかざして入場する仕組みです。Suicaは残念ながら未対応でした。

f:id:Pablo21:20170702171734j:plain

那覇空港から5駅の壺川駅で下車。そこから歩いて10分弱で今晩の宿、クラウンプラザに到着です。

f:id:Pablo21:20170702171710j:plain

チェックインするとアサインされたのは9階。プレミアムフロアと銘打たれていますが、他フロアと何が違うのかは不明です。

f:id:Pablo21:20170702171648j:plain

部屋はいたって普通。翌日も朝6時にはチェックアウトしてしまうので、寝るだけであれば十分でした。

f:id:Pablo21:20170702171636j:plain

IHGゴールドメンバー向けのギフトということでペットボトルの水と一緒にもらったのがこのお菓子。くがに?というのは初耳でしたが、ちんすこうと同じようなものでした。

f:id:Pablo21:20170702171623j:plain

 さっさと寝て明日に備えます。

2017年5月 西アフリカ旅行 まとめ

ゴールデンウィークは西アフリカへ。9日間でギニアビサウガンビアセネガルの3カ国を旅しました。

まだ未踏の国が多く残るアフリカ大陸の中で、特に空白地帯になっていたのが西アフリカ地域。東部や南部と違い英語が通じる国が少なく、旅をするには好ましい環境が整っているとはとても言えません。いきなり難易度MAXの国から行くのは躊躇されたので、まずは地域一発展しているセネガルとその周辺国から訪れることに決定。

実際に訪れると、セネガルガンビアでは最低限の観光インフラは存在していた一方、ギニアビサウは本当に世界最貧国というような雰囲気。入国カードに英語版が存在しない国なんて初めてです。今回は旅でリフレッシュするというよりは、良い社会勉強のような旅になりました。

 

【フライト】

往路は昨年発券したキャセイパシフィック航空の欧州発運賃の復路分を利用してパリまで行き、そこから先はロイヤルエアモロッコで別手配をしました。キャセイはいつも安定したサービスで、信頼しているエアラインの一つです。最近業績が良くないようなので、サービス面でのコストカットが進まないことを祈ります。

復路はイベリア航空ダカールからドイツまで戻り、そこから先はブリティッシュエアウェイズ。BAの部分はJALの欧州発運賃で発券したコードシェア便です。GWやお盆、年末年始といった日本発の航空券の運賃が高騰する時期には、普段以上に欧州発運賃のコスト優位性が高まります。

f:id:Pablo21:20170702154018g:plain

 

【旅行記】

1日目:キャセイドラゴン航空 KA397 羽田〜香港 ビジネス

2日目:キャセイパシフィック航空 CX279 香港〜パリ(CDG) ビジネス

2日目:ロイヤルエアモロッコ AT751 パリ(ORY)〜カサブランカ エコノミー

2日目:ロイヤルエアモロッコ AT583 カサブランカ〜ビサウ エコノミー

3日目:ビサウ町歩き

4日目:ギニアビサウ〜ガンビア 陸路移動

4日目:バンジュル町歩き

5日目:セレクンダ町歩き

6日目:ガンビア〜セネガル フェリー+陸路移動

7日目:ダカール町歩き (1)

8日目:ダカール町歩き (2)

8日目:イベリア航空 IB3329 ダカール〜マドリード エコノミー

9日目:イベリア航空 IB3140 マドリード〜デュッセルドルフ エコノミー

9日目:ブリティッシュエアウェイズ BA939 デュッセルドルフ〜ロンドン(LHR) ビジネス

9日目:ブリティッシュエアウェイズ BA5 ロンドン(LHR)〜成田 ビジネス

 

 

9日目:ブリティッシュエアウェイズ BA5 ロンドン(LHR)〜成田 ビジネス

ヒースローでの乗り継ぎは至ってスムーズ。ラウンジに立ち寄る時間はなかったものの、75分で何事もなく乗り継ぎはできました。

この時の成田線に充てがわれていたのは最新機材のB787-9。とはいえ、クラブワールドの座席自体は羽田線に入っているB777と全く同じものです。

f:id:Pablo21:20170701231727j:plain

座席は隣りを気にせず通路に出られる7Aを確保。ビジネスクラス6~7列目はミニキャビンのようになっているので静かですが、クルーもあまり通らないため、ウェルカムドリンクや安全ビデオ放映時の画面開きなど、色々と忘れられがちな席でした。

f:id:Pablo21:20170702005911j:plain

セーフティーデモも終わって機体が完全にタキシングを始めた後で、ようやく忘れられていたことに気づかれたのか、ウェルカムドリンクが回ってきました。わざわざ持ってきてもらったのでシャンパンを受け取りましたが、3分ほどですぐに回収です。

f:id:Pablo21:20170701231716j:plain

離陸。この日はいつもと違い東に向かって離陸するパターン。

f:id:Pablo21:20170701231704j:plain

 そのおかげで、ウェンブリースタジアムなどロンドンのランドマークを見下ろすことができました。

f:id:Pablo21:20170701231653j:plain

機内食メニューチェック。夕食メインの和風カレーは数カ月前に搭乗した羽田行きにもありましたが、日本路線の定番なのでしょうか。

f:id:Pablo21:20170701231639j:plain

朝食のイングリッシュブレックファストも前回と同じ。これはやはりBAの定番ということなのでしょう。

f:id:Pablo21:20170701231627j:plain

まずはBAお決まりのout of Africaナッツから。程よい塩味でいつも気に入っています。

f:id:Pablo21:20170701231609j:plain

前菜は和食。BAはいつも洋食の選択肢があまり魅力的に思えず、乗るたびに和食を選択してしまいます。まあ、イギリスの航空会社ですから。

f:id:Pablo21:20170701231559j:plain

メインは"牛すき煮"を選んだのですが、完全に想定と違うものが出てきました。ただメニューの英語表示を見ると"Grilled fillet of beef with suki ni sauce"と書いてあったので納得。外国での日本語は迂闊に信用できません。

f:id:Pablo21:20170701231534j:plain

デザートまでしっかり完食。

f:id:Pablo21:20170701231523j:plain

前回搭乗した時も食事のペースはかなりゆっくりだったのですが、今回はさらに時間がかかり、食事が終了した時には既にロシア上空でした。ヒースローを離陸してから3時間以上が経過しています。

f:id:Pablo21:20170701231501j:plain

このタイミングでちょうど日の入り。この時期なら白夜かとも思っていたのですが、そこまで高緯度には行きませんでした。

f:id:Pablo21:20170701231512j:plain

満腹になったところで就寝し、ハバロフスクあたりで目覚めました。その後、日本海上空に出たあたりで朝食タイム。

f:id:Pablo21:20170701231438j:plain

まずはフルーツとパンから。熱帯地域で採れる印象のドラゴンフルーツが入っていたのですが、イギリスではポピュラーな果物なのでしょうか。

f:id:Pablo21:20170701231450j:plain

メインは前回イングリッシュブレックファストを選択したので、今回は別のものを。これは当たりでした。

f:id:Pablo21:20170701231428j:plain

今回の私の列の担当クルーは日本人の方だったのですが、外航の日本人クルーによくありがちな横柄な感じは全くなく、丁寧かつ適度にフランクな良い印象の方でした。BAの日本人クルーは基本東京ベースらしいので、そのおかげかもしれません。

成田に到着。西アフリカ旅行も無事終わり、トラブルなく帰国することができました。

f:id:Pablo21:20170701231417j:plain

9日目:ブリティッシュエアウェイズ BA939 デュッセルドルフ〜ロンドン(LHR) ビジネス

ダカールからデュッセルドルフまでのイベリア航空と、ここから先のブリティッシュエアウェイズは別々に手配した航空券です。同じ親会社を持つグループ会社同士でも、別切りの場合荷物のスルーチェックインは出来ないという不便なルールのため、ここで一度荷物をピックアップして再チェックインしなければいけません。

f:id:Pablo21:20170624233617j:plain

しかし、BAのカウンターはなかなかオープンせず。スタッフが現れたのは出発の2時間前でした。ヨーロッパ内の短距離線だとこんなものでしょうか。しかも、乳児連れ夫婦が何やらカウンタースタッフと揉めていたせいで一列しかない優先レーンは全く進まず、結局カウンターオープンから30分経ってやっとチェックイン完了。

f:id:Pablo21:20170624233606j:plain

制限エリアへのエントランスは自動改札。さすがドイツです。

f:id:Pablo21:20170624233554j:plain

BAの指定ラウンジは共用のHugo Junkers Lounge。プライオリティパスでも使えるようです。エアベルリンのハブ空港ですが自社ラウンジが無いのは驚き。

f:id:Pablo21:20170624233543j:plain

窓が大きく明るい雰囲気のラウンジです。

f:id:Pablo21:20170624233521j:plain

簡単なホットミールもあり、食事のラインナップはヨーロッパ域内線のラウンジとしては悪くありません。

f:id:Pablo21:20170624233532j:plain

イミグレを通過してゲートへ。この便の機材はA319。定刻が14:00発で、ボーディングパスに記載の搭乗締切時刻は13:30となっていましたが、機材の到着遅れで搭乗が始まったのは既に13:40でした。ヒースローでの乗り継ぎは75分しかないため少し不安です。

f:id:Pablo21:20170624233511j:plain

ところが、日系エアラインも驚くほどのスピード搭乗で13:55にはドアクローズ。搭乗率は高かったにも関わらずこんなにスムーズな搭乗ができたのはビジネス路線だからでしょうか。

f:id:Pablo21:20170624233454j:plain

クラブヨーロッパ仕様のビジネスクラスは、エコノミーと同じ座席で中央席が簡易テーブルでブロックされているだけ。このテーブルも簡単に取り外せるので、エアラインにとっては予約状況に応じてビジネスクラスの座席数を調節することが可能です。この日のビジネスは7列とA319にしてはかなり多めの席数でした。

f:id:Pablo21:20170624233433j:plain

離陸前、エミレーツの機体が見えました。デュッセルドルフ程度の大きさの空港にA380を就航させられるのは世界広しと言えどもエミレーツしかいないでしょう。

f:id:Pablo21:20170624233421j:plain

離陸。

f:id:Pablo21:20170624233411j:plain

距離でいうと東京〜大阪間ほどしかない近距離線なので、機内食もシンプル。

f:id:Pablo21:20170624233401j:plain

座席にはなぜかエコノミー客用の有料機内食メニューも。そういえばBAも今年から短距離線のエコノミー機内食は有料になったのでした。

f:id:Pablo21:20170624233444j:plain

晴れていたドイツとは打って変わって、イギリスらしい天気の中ヒースローに到着。定刻よりも早く着いたので乗り継ぎは問題なさそうです。

f:id:Pablo21:20170624234236j:plain

9日目:イベリア航空 IB3140 マドリード〜デュッセルドルフ エコノミー

ダカールからの便が到着したのは朝4時過ぎ。がらがらの入国審査と保安検査を終えて出発フロアに着いてもまだ4時半頃で、空港も寝静まっています。

f:id:Pablo21:20170624154531j:plain

この時間ではラウンジもまだオープンしておらず、唯一開いていたカフェで時間をつぶすことに。せっかくのスペインなので、生ハムのボカディージョで朝食にしましたが、これで10ユーロは完全に空港価格です。

f:id:Pablo21:20170624154542j:plain

5:45にラウンジがオープンしたので移動。

f:id:Pablo21:20170624154554j:plain

1月にも同時間帯に利用したばかりですが、この日も人は少なく快適です。

f:id:Pablo21:20170624154616j:plain

フード類もシェンゲン域内ラウンジということを考慮にいれれば十分。

f:id:Pablo21:20170624154630j:plain

まだオープンしたばかりだからか、ドリンク類が冷えきっていなかったのは少し残念。

f:id:Pablo21:20170624154641j:plain

シャワーブースも5つほどあり、すぐ利用することができました。

f:id:Pablo21:20170624154703j:plain

シャワー後は仮眠室でゆっくり。シェンゲン域内ラウンジとしてはかなり充実した設備です。

f:id:Pablo21:20170624154713j:plain

出発時刻が近づきゲートへ。8時過ぎになるとフロアもずいぶん活気付いてきました。

f:id:Pablo21:20170624154755j:plain

今回のフライトの機材もA321。

f:id:Pablo21:20170624154806j:plain

優先搭乗が始まり、車椅子の乗客に続いてボーディングブリッジへ進んだのですが、どうやらまだ機内の準備が終わっていなかった様子。 

f:id:Pablo21:20170624154831j:plain

1~2分ほどボーディングブリッジで待ってから無事搭乗。座席は前便と同じ9Aです。

f:id:Pablo21:20170624154842j:plain

搭乗後、クルーが座席までやってきてワンワールドスタータス保持者向けと思われる個別の挨拶がありました。キャセイなどではよくありますが、イベリアでは初めてのことです。クルーは手にタブレットをもっていたので、そこで乗客の個人情報が確認できるのでしょう。

尾翼だけ旧ロゴのイベリア航空機を発見。何に使われているのでしょうか。

f:id:Pablo21:20170624154904j:plain

離陸後は、北北東に進路を取り、バスク州の州都ビトリア上空を通過。

f:id:Pablo21:20170624155016j:plain

そのままビスカヤ湾へ。珍しくバスク地方一帯が快晴です。

f:id:Pablo21:20170624155036j:plain

新聞に目を通すと、IAGの新しい長距離LCCであるLEVELの記事が目につきました。6月からバルセロナをハブとして大西洋路線に就航することになっており、パリやローマにも将来的にはハブを作る計画があるとのこと。バルセロナ、パリ、ローマというとIAGの近距離LCCであるVuelingのハブ空港と完全に一致するので、将来的にはブランドも一つに統一することを見込んでいるのかもしれません。

f:id:Pablo21:20170624191012j:plain

イベリア航空の欧州内路線は機内食が有料なので、オーダーしない限りは何も出てきません。短距離線は競争が激しく、運賃もLCC並みに下がっているので仕方ないのでしょうが、エコノミーでも機内食は楽しみだっただけに、少し寂しい感がするのは否めないところ。ちなみに、有料の機内食ををオーダーしている乗客はほとんどいませんでした。

フランス領空に入ると雲が出てきて下界が見えなくなってしまいましたが、ドイツに近づくと再び晴れてきました。風力発電の風車が目立ちます。

f:id:Pablo21:20170624155058j:plain

デュッセルドルフ空港に到着。ルフトハンザ、キャセイ、エアチャイナと見慣れたエアラインが並びます。

f:id:Pablo21:20170624155123j:plain

 

8日目:イベリア航空 IB3329 ダカール〜マドリード エコノミー

宿から空港まではタクシーで30分。夕方なので道が混雑するかと思いましたが、空港方面はあまり影響を受けないのか、スムーズに到着しました。

f:id:Pablo21:20170622214053j:plain

ダカールの空港が一番賑やかになるのは夜。セネガル航空が昨年破綻して以来、就航するのは外国の航空会社のみですが、ブリュッセル航空、エールフランス、ターキッシュエアラインズなどの大手どころが並んでいるのはさすが西アフリカの中心都市といったところ。

f:id:Pablo21:20170622214106j:plain

まだ出発時刻までは3時間ほどありますが、チェックインカウンターはオープンしていました。優先カウンターはロープで封鎖されていたのですが、スタッフに申告すれば開けてもらえます。

f:id:Pablo21:20170622214131j:plain

今回はエコノミークラスの利用ですが、ワンワールドのエメラルドなのでラウンジインビテーションがもらえました。チェックインを担当してくれたスタッフに「あなたのマイレージ番号の"JL"って見慣れないけど、どこのエアライン?」と聞かれたのはご愛嬌。アフリカでのJAL知名度なんてそんなものです。

f:id:Pablo21:20170622214141j:plain

チェックインを終えたら出国審査と保安検査へ。この時間帯はヨーロッパ便が何本か重なっており、優先レーンもなかったので、40分ほどかかってやっと制限エリアへ出ることができました。

免税店がいくつかありますが、全体的には天井も低く一昔前のターミナルといった雰囲気。新空港の建設が進んでいる今、こちらの空港は移転までこのまま使い続けるつもりなのでしょう。

f:id:Pablo21:20170622214205j:plain

ラウンジは各エアライン共用のものが一つあるのみ。カメラの自動補正のおかげで写真で見るとあまり感じませんがフロア全体がかなり薄暗く、場末感の漂うラウンジでした。

f:id:Pablo21:20170622214305j:plain

食事はパン類やサモサなどがいくつか。

f:id:Pablo21:20170622214254j:plain

今回の搭乗はエコノミーなので、隣席の状況は重要です。ExpertFlyerで最新の状況をチェック。今回指定したのは9Aですが、幸い現時点ではまだ隣りは空席でした。しかもエメラルドステータスのおかげか、嬉しいことに通路側の9Cもブロックが入っています。

f:id:Pablo21:20170622214328j:plain

搭乗時刻になりゲートへ。ビジネスクラスの搭乗客がいないのか、優先搭乗はありませんでした。仕方なく列に並びます。ヨーロッパ行きということもあってパスポートチェックはかなり厳重に行われていました。

f:id:Pablo21:20170622214333j:plain

この空港はボーディングブリッジがないため、必ずバス搭乗になります。機材はA321です。

f:id:Pablo21:20170622214354j:plain

ExpertFlyerの情報通り、隣り2席は空席のままでした。非常口席なので横になれるわけではありませんが、それでも隣りが空いているのは嬉しいものです。

f:id:Pablo21:20170622214430j:plain

そして何よりこのシートの最大の魅力はこのシートピッチ。非常口の配置の関係で前列の席が無いため、エコノミークラスの窮屈さとは無縁で過ごせます。この機材だとビジネスクラスでもシート自体はエコノミーと同じで中央席が空いているだけなので、それよりもこちらの方が確実に快適性では勝ります。

f:id:Pablo21:20170622214419j:plain

離陸。アフリカともしばしお別れです。

f:id:Pablo21:20170622214453j:plain

ダカール22:10発、マドリード4:30着という完全な夜行便ですが、離陸してすぐに機内食がサーブされます。ダカールで搭載された機内食ということでどんなものかと思いましたが、メインのチキンに少しアフリカっぽさを感じるものの、思ったほど悪くありませんでした。

f:id:Pablo21:20170622214503j:plain

夜行便とはいえ、時差が2時間あることもあり、実際の飛行時間は4時間にも満たない程度です。うとうとしていると、あっという間にマドリードへ到着。

f:id:Pablo21:20170624155511j:plain

降機後にも、ボーディングブリッジからターミナルに入ってすぐのところに係員が待機しており、全員のパスポートとビザチェックが。アフリカ線に乗ると、ヨーロッパでの国境審査の厳格化していることを身をもって経験できるのでした。

f:id:Pablo21:20170624155522j:plain

8日目:ダカール町歩き (2)

早いものでもう西アフリカ最終日。最後の日はダカールの南に浮かぶ奴隷貿易で悪名高かった島、ゴレ島へ行くことにしました。

まずは路線バスでダカールの中心であるプラトー地区へ。宿のあるアミティ地区と違い人が多く活気のあるエリアです。

f:id:Pablo21:20170619221014j:plain

歩いていると、急に現代的な鉄道のイメージ図が。

f:id:Pablo21:20170619221116j:plain

何かと思ったら、現在建設中の鉄道路線のターミナル駅でした。駅舎はほぼ完成しているように見えます。

f:id:Pablo21:20170619221104j:plain

ダカール市内から郊外に建設中の新空港までを結ぶ路線。2019年開業予定とのことですが、どうなることやら。

f:id:Pablo21:20170619221040j:plain

鉄道駅舎のすぐ向かいが港。ゴレ島行きの船もこのフェリーターミナルから出発します。

f:id:Pablo21:20170619221130j:plain

2010年に完成した新ターミナル。これも昨日訪れたあの銅像と同じく、独立50周年の記念事業だったのでしょう。

f:id:Pablo21:20170619221154j:plain

ゴレ島への船は1時間〜2時間に1本の間隔で運航しています。出発時間に合わせてターミナルのドアが開くと乗客が一気に押し寄せて混乱状態になりますが、アフリカなので仕方ありません。

f:id:Pablo21:20170619221216j:plain

ターミナル内に無事入って乗船を待っていると、現地の学生と思われる集団が登場。お揃いの制服を着て、きちんと整列も出来ています。ゴレ島はセネガルの学生にとっては社会科見学の定番スポットのようでした。

f:id:Pablo21:20170619221243j:plain

フェリーに乗船してからも、続々とやってきます。結局、乗客の半数以上が学生の賑やかな旅となりました。

f:id:Pablo21:20170619221322j:plain

出発して港を出るとすぐ、ゴレ島が右前方に現れます。

f:id:Pablo21:20170619220042j:plain

隙間なく建物が張り付いていて、遠目にみると島全体が要塞のよう。

f:id:Pablo21:20170619220052j:plain

出発から30分で到着。早速歩き始めます。

f:id:Pablo21:20170619220103j:plain

波止場沿いに並ぶ食堂・土産物屋を通り抜けて、島の奥へ。

f:id:Pablo21:20170619220149j:plain

ここにも日本のODAが。それに加え、三菱商事も何か関わっていたようです。さすが天下の三菱商事

f:id:Pablo21:20170619220221j:plain

民芸品市場があったりと、前日に訪れたンゴール島に比べて島全体が観光地化されています。

f:id:Pablo21:20170619220232j:plain

これはバオバブの木でしょうか。マダガスカルが懐かしく思い出されますが、意外とアフリカ全土でよく見かける気が。

f:id:Pablo21:20170619220244j:plain

バオバブ並木の坂を登ると小高い丘の上に出ました。遠くにダカール市街を臨みます。

f:id:Pablo21:20170619220328j:plain

海沿いは断崖絶壁。当然柵はないので要注意です。

f:id:Pablo21:20170619220316j:plain

この丘は見晴らしがいいので、かつては軍事拠点として利用されていたのでしょう。その時の名残りが見受けられます。今は住居として利用されているような様子も。

f:id:Pablo21:20170619220350j:plain

今回の旅行ではほとんど見かけませんでしたが、意外と日本人旅行客も来るのでしょうか。外国でこういうのを見かけると悪い気はしません。

f:id:Pablo21:20170619220339j:plain

丘から見下ろすゴレ島。ンゴール島に負けず劣らず小さな島です。

f:id:Pablo21:20170619220436j:plain

丘を降りて、島をぐるっと歩いています。海岸沿いにはアート作品。

f:id:Pablo21:20170619220533j:plain

中心部を離れると廃墟になった建物もちらほら。哀愁を誘う光景です。

f:id:Pablo21:20170619220521j:plain

また三菱商事が。2016年2月とかなり新しいプレートです。

f:id:Pablo21:20170619220500j:plain

島の南端にある丘から北端まで歩いて15分ほどで着く距離です。北端にあるのは砦。

f:id:Pablo21:20170619220544j:plain

規模は小さいですが、プエルトリコのサンフアンにあるモーロ要塞を彷彿とさせる造り。文化の影響圏について改めて考えさせられます。

f:id:Pablo21:20170619220628j:plain

島全体にアザーンが鳴り響くと礼拝の時間。警備員もその場で礼拝を始めます。ダカールの街を歩いているとあまり意識しませんが、セネガルも立派なイスラム国家です。

f:id:Pablo21:20170619220616j:plain

続いて、この島一番の見所である奴隷の家へ。ガイドブックによると12:00~14:30は昼休みとのことなので、昼休み明けを狙って14:30過ぎに行きました。ですが、扉が閉まっています。

f:id:Pablo21:20170619220702j:plain

よくみると小さい文字で金曜午後は15:00から・月曜は全日休みと書いてありました。金曜はイスラム教の休日ですから、礼拝等が関係しているのかもしれません。月曜でないだけ良かったと思うことにします。

f:id:Pablo21:20170619220727j:plain

30分時間が空いたので、奴隷の家の周辺をぶらぶら。すぐ隣には奴隷貿易の記憶を残すための像がありました。

f:id:Pablo21:20170619220638j:plain

この像、子供達の記念撮影の定番スポットになっています。専属のカメラマンまでついて、まさに日本の小学校の遠足と何ら変わりありません。

f:id:Pablo21:20170619220714j:plain

少し経って奴隷の家に戻るとすでに行列が。

f:id:Pablo21:20170619220740j:plain

アフリカらしからず、15時ぴったりにオープンしました。

この奴隷の家は、奴隷貿易最盛期に奴隷商人の邸宅として使われており、1階部分が新大陸への"出荷"の船を待つ奴隷用のスペース、2階部分が使用者の居住区です。

f:id:Pablo21:20170619220751j:plain

奴隷用のスペースは細かく区分けがされていますが、どの区画も窓のない薄暗い小部屋というのは共通しています。こちらは女性用。他に男性用、子供用に加え、反乱者用の牢もありました。

f:id:Pablo21:20170619220813j:plain

 1階の裏側にあるのは、"Door of No Return"。日本語にすると「帰らずの扉」といったところ。奴隷達はここの扉を通って船に乗せられ、2度とアフリカの地に戻ってくることはなかったことから名付けられています。残酷な歴史を直視するための場所です。

f:id:Pablo21:20170619221334j:plain

2階に上がると、使用者側の居住区だけあって欧米風の造り。

f:id:Pablo21:20170619220845j:plain

少しすると語り部が登場し、何か話し始めました。フランス語なので理解できませんでしたが、他の観光客が静かに聞き入っているところを見ると、この場所で起こった悲劇についてを話しているのでしょう。

実のところ、ここが奴隷貿易でどの程度重要な役割を果たしたのかについては諸説ありはっきりしていないようですが、少なくともセネガル当局による"見せ方"はうまくいっています。 

f:id:Pablo21:20170619220858j:plain

その後はお土産屋を冷やかしてからダカールへ戻ります。船で30分と距離も近く、数時間で見て回れる程度の規模の島で、ダカールからのデイトリップとしては最適な行き先でした。

f:id:Pablo21:20170619221348j:plain

まだ空港に行くには早いので、少しプラトー地区をぶらぶら。

独立広場です。高層ビルが立ち並ぶ風景はギニアビサウガンビアでは見られませんでした。やはり経済的に周辺国より進んでいることは確かです。

f:id:Pablo21:20170619221433j:plain

スーパーもあります。見覚えのあるスペイン資本。

f:id:Pablo21:20170619221409j:plain

入り口にはフランス語と現地語(多分ウォロフ語)の表記。セネガルでも現地人の会話はほぼ現地語である一方、看板等の活字はフランス語が大半なので、文字としての現地語は新鮮です。

f:id:Pablo21:20170619221420j:plain

国民のうちキリスト教徒は7%程度ですが、首都ということもあり大きい教会もあります。

f:id:Pablo21:20170619220940j:plain

さすがにヨーロッパに比べると質素な造りという印象は否めません。

f:id:Pablo21:20170619220951j:plain

教会といえばステンドグラス。この人物の肌が少し黒い気がするのですが、アフリカでは聖人も黒人として描かれるのでしょうか。

f:id:Pablo21:20170619221002j:plain

フライトの時間も近づいてきたので宿へ戻ることに。夕方の帰宅ラッシュと重なり、プラトー地区から郊外へ向かうバスは超満員でした。さすが大都市と思わせる一面です。

f:id:Pablo21:20170619221457j:plain

宿で荷物をピックアップして、タクシーで空港へ。西アフリカ3カ国の旅もあっという間に終わり、あとは帰国の途につくだけです。