Out of Office 旅に出よう

とあるサラリーマンの週末旅行記録

1日目:フィンエアー AY72 成田〜ヘルシンキ ビジネス

フィンエアーは夏季のみ成田便を曜日限定で増便中。今回はその増便されたAY72便に乗ってヨーロッパへ向かいます。

まずは日暮里駅からスタート。夏休みだからでしょうか、週末の朝7時でもスカイライナー乗り場はこの混雑。

f:id:Pablo21:20170730143121j:plain

 2時間前にはフィンエアーのチェックインカウンターに到着。ヘルシンキから先はアイスランド航空に乗り継ぐのですが、ボーディングパスは問題なくアイスランド航空のものまで発券されました。

臨時増便のAY72便と通年運航のAY74便は約1時間の間隔で連続して出発するのですが、カウンターは便別に分けられています。

f:id:Pablo21:20170730124843j:plain

保安検査場への行列もかなりの長さ。7月の時点でこれだとお盆の時期はひどいことになりそうです。私は幸いファストトラックが利用可能なのでこの行列は回避。

f:id:Pablo21:20170730124831j:plain

制限エリアに入ったらさっさとラウンジへ。ここは意外と空いています。

f:id:Pablo21:20170730124804j:plain

搭乗時刻が近づいてきたのでゲートへ向かいます。フィンエアーはサテライト側の発着です。

f:id:Pablo21:20170730124753j:plain

72便と74便でゲートも隣同士。乗り慣れていない人は少し混乱するかもしれません。

f:id:Pablo21:20170730124737j:plain

搭乗時刻になっても、機内の最終準備に時間を要しているとのアナウンスがあり搭乗は始まらず。ヘルシンキから先の乗り継ぎがあるので遅れると嫌だなと思いつつ、10分ほどの遅れで無事搭乗開始。

この便は最新機材のA359が投入されています。この日はワンワールド塗装の機材でした。

f:id:Pablo21:20170730124719j:plain

シートは逆ヘリンボーン型。

f:id:Pablo21:20170730124708j:plain

イヤホンプラグやリモコン、座席操作パネルは全て1カ所にまとまっています。リモコンはかなりシンプルですが、モニターがタッチパネル式なのであまり使うことはありません。。

f:id:Pablo21:20170730124611j:plain

フルフラットにした時の足元も十分な広さ。

f:id:Pablo21:20170730124403j:plain

ただ、導入されたばかりの新機材にもかかわらず、もうモニター下の枠が外れているのが気にになります。これが噂のZodiac製シートの欠陥なのでしょうか。(参考:Airbus to Swap Finnair's Zodiac Seats Amid A350 Quality Concerns - Bloomberg

f:id:Pablo21:20170730124415j:plain

ウェルカムドリンクはブルーベリージュースをもらいました。このイッタラの特徴的なグラスは機内販売で購入することができます。

f:id:Pablo21:20170730124657j:plain

アメニティセットとスリッパはマリメッコとのコラボレーション。自国推しが徹底されています。しかし、アメニティの中身は長距離線にしては貧相なものでした。

f:id:Pablo21:20170730124352j:plain

モニターは離着陸時でも引き出したままで問題ありません。

f:id:Pablo21:20170730124646j:plain

機外カメラが2台搭載されており、機材の上と下を見ることができます。

f:id:Pablo21:20170730124629j:plain

離陸。

f:id:Pablo21:20170730124600j:plain

タイヤが収納される様子は初めて目にしました。

f:id:Pablo21:20170730124533j:plain

 着席時はうまい具合に他の乗客が視界から隠れるようになっており、プライベート感は十分。

f:id:Pablo21:20170730124327j:plain

機内食メニューをチェック。

f:id:Pablo21:20170730124507j:plain

1食目、2食目ともに3種類のメインから選択できるようです。それ以外のタイミングで注文できるメニューはカップ麺やサンドイッチなど少し寂しいラインナップ。

f:id:Pablo21:20170730124454j:plain

ワインメニューからはフィンエアーシグネチャードリンク・ブルースカイが気になったのでこれを注文することに。ブルーベリーのリキュールとシャンパンのカクテルです。

f:id:Pablo21:20170730124426j:plain

アミューズブッシュからスタート。これもイッタラの器です。

f:id:Pablo21:20170730124300j:plain

前菜。料理からはあまりフィンランドらしさは感じられませんが、無難にまとまっています。

f:id:Pablo21:20170730124236j:plain

メインはすき焼きを選択。GWに搭乗したBA便のときと違い、ちゃんと想定通りのすき焼きが出てきて一安心。

f:id:Pablo21:20170730124225j:plain

デザートはケーキ。飲み物に緑茶を注文したのですが、ティーバッグ受け(これもイッタラ製)を一緒に用意してくれたりと、欧州系キャリアにしては細かいところまで気が利いていて好印象です。

f:id:Pablo21:20170730124208j:plain

食事が終わったのはこの辺り。モニターを見るとヘルシンキまでの飛行時間はもう6時間を切っています。さすがヨーロッパの玄関口。

f:id:Pablo21:20170730124157j:plain

フィンエアーの長距離線ビジネスクラスでは、Wi-Fiが1時間無料で使うことができるので食後に試してみたところ、問題なく繋がりました。乗り継ぎ便の情報などをチェックするのに便利なサービスです。

f:id:Pablo21:20170730124220j:plain

 そのあと少し横になり、目が覚めるとちょうどロシアの中間あたり。2時間ほど眠れたようです。

f:id:Pablo21:20170730124145j:plain

トイレは窓が付いており、明るく開放感があります。

f:id:Pablo21:20170730124248j:plain

窓の外にはロシアの大地。

f:id:Pablo21:20170730124135j:plain

ヘルシンキが近づき、2回目の食事の時間。ここでも和食の弁当を選択しました。味噌汁はさすがにインスタントです。

f:id:Pablo21:20170730124124j:plain

食後は再び緑茶とチョコレート。なかなかしっかりとしたティーバッグです。

f:id:Pablo21:20170730124113j:plain

パーソナルモニターのホーム画面には、出発から到着までのサービス内容が、現在の時刻と合わせて時系列で示されています。もう少しで到着です。

f:id:Pablo21:20170730124103j:plain

北欧らしい針葉樹林帯の中を降下。

f:id:Pablo21:20170730124052j:plain

定刻より少し早く、ヘルシンキに到着しました。

f:id:Pablo21:20170730124025j:plain

 

ロイガヴェーグル・トレイル トレッキング事前準備

今年の夏休みの旅先はアイスランドグリーンランド。その中でもメインイベントは世界的にも有名なハイキングルートであるロイガヴェーグル・トレイルの踏破です。今回はその準備編。

f:id:Pablo21:20170804203256j:plain

 

【ルート概要】

アイスランド南部に位置する、ランドマンナロイガル(Landmannalaugar)からソルスモルク(Thorsmork)まで続く全長55kmのハイキングコース。ルート上に山小屋は4カ所あり、フラプティンヌスケル(Hrafntinnusker)に1泊、アルフタヴァトン(Alftavatn)もしくはハヴァンギル(Hvanngil)に1泊、エムストル(Emstrur)に1泊し、全3泊4日で踏破するのが通常の行程です。

f:id:Pablo21:20170803224347g:plain

ルート上の高低差はそこまで厳しくありません。スタート地点のランドマンナロイガルが約600m、初日に1100mに位置するフラプティンヌスケル小屋まで登ったあと、2日目以降は基本的に下りもしくは平坦な道程が続きます。

(標高図は、毎年開催されるロイガヴェーグルマラソンのホームページから拝借。)

f:id:Pablo21:20170804001259j:plain

私が歩いた7月中旬時点では、フラプティンヌスケル小屋周辺はまだ残雪があるものの、アイゼンが必要になるほどではありませんでした。

f:id:Pablo21:20170804002348j:plain

また、ルート上に渡渉する場所がいくつかあります。ご覧の通り膝下まで雪解けの冷たい水に浸かることになるため、それなりの覚悟が必要です。

f:id:Pablo21:20170804002608j:plain

 

【宿泊】

山小屋に泊まる場合は事前の予約が必須。私の場合は10ヶ月前に予約を入れたのですが既にキャンセル待ち状態で、全ての予約が確定したのは出発の2週間前になってからでした。

ルート上の山小屋は全てFERÐAFÉLAG ÍSLANDSによって運営されており、予約は全てメールで行います。空きがあれば、メールで送られてくるリンクにクレジットカード情報を入力して決済。1泊8,000クローネ (約8,600円)となかなかの値段です。

山小屋はどこも基本は男女ミックスの大部屋で、寝袋は持参する必要があります。場所取りは基本的に早い者勝ち。

f:id:Pablo21:20170804002840j:plain

キッチン設備はどの山小屋にもあり、ガスコンロや調理用具、食器類は常備されているので、そうした類のものは持っていく必要はありませんでした。ただ、ルート上では食料を売っているところは全く無いので、全行程分の食料は持参必須です。

f:id:Pablo21:20170804003217j:plain

シャワーはフラプティンヌスケル小屋以外の山小屋には設置されており、5分で500クローネ。ただしシャワーブースの数が少なく、小屋への到着が遅れると1時間以上並ぶことになります。

f:id:Pablo21:20170804003349j:plain

また、山小屋の予約が取れない場合や費用を節約したい場合は、テント泊も可能です。各山小屋にはテント場が隣接しており、1泊あたり2,000クローネ(約2,100円)を払えば、特に事前の予約は不要で利用することができます。ただ、テント泊の場合は山小屋のキッチン設備は使用不可なので、コンロや調理用具等も持参が必要となります。

f:id:Pablo21:20170804004757j:plain

 

【装備】

標高は高くても1,000m程度と大したことは無さそうですが、北緯65度に位置するだけあり、当然のことながら日本の標高1,000mとは感覚が全く違います。7月中旬でも最高気温は1桁にとどまり天気も安定しないため、それなりの装備が必要です。

シューズ・・・ミドルカットで十分。ハイカットを履いているトレッカーはほとんど見ませんでした。

サンダル・・・渡渉時に使用するので、足首が固定出来るものを。山小屋に到着した後にシャワーやトイレ等で少し外に出る必要がある時にも気軽に履けるので重宝します。

レインウェア(上下)・・・アイスランドでは晴れが続くことは稀で、4日も歩いていれば必ず1度は雨に遭遇します。よってGore-Texのレインジャケットは必須。

防寒着・・・晴れていれば歩いている間はTシャツのみでも何とかなるものの、立ち止まったり風が強かったりすると寒いので、すぐに羽織れるフリースやダウンジャケットのようなものが必要。テント泊の場合は夜間の備えも。

寝袋・・・山小屋泊の場合は暖房が効いているので、あまり高性能のものでなくても大丈夫。-10℃まで対応の寝袋を持参したのですが、暑すぎるくらいでした。

その他・・・防水対応の手袋、トレッキングポール、サングラス、帽子、日焼け止めあたりは通常の登山と同様に役立ちました。

 

【食料】

アイスランドは物価が全般的に高いので、現地に着いてから食料を調達しようとすると費用が膨らんでしまいます。よって、持ち込みが制限されてい生鮮食品以外は日本から持っていくのが得策。

 

【通信手段・GPS

通信手段としてはレイキャビクVodafoneの現地SIMを入手。ルート上では3G/4Gの高速通信が出来る場所はほとんどありませんが、通話程度の電波であれば入ったり入らなかったりといった状況で、無いよりはマシといったレベルです。山小屋を含めルートの途中で充電できる場所はないので、モバイルバッテリーも忘れずに持参しましょう。

また、GPSスマートフォンで代用。maps.meにはオフラインでも使えるロイガヴェーグル・トレイルの正確なルートが載っているので、事前にアプリでダウンロードしておくと自分の現在位置を把握するのに重宝します。

2017年6月 台湾旅行 まとめ

6月は祝日も無くあまり遠出はできないということで、台湾をチョイス。2度目の台湾は台中、日月潭へ行ってきました。

梅雨時なので天気が心配だったのですが、幸い雨に降られることもほとんどなく日月潭ではサイクリングを楽しむことができ満足。週末+有給1日で十分楽しめる旅先です。

 

【フライト】

那覇までの往復はJALの欧州発航空券に追加した国内線区間那覇から台北まではLCCのピーチで手配しました。日系LCCに乗るのは初めての経験でしたが、那覇空港のターミナルといい、レシートのようなぺらぺらの搭乗券といい、ヨーロッパや東南アジアのLCCと遜色ありません。過剰サービスに慣れた日本の乗客にはLCCは馴染まないという話もありましたが、それは杞憂に終わったようです。

f:id:Pablo21:20170730095854g:plain

 

【旅行記】

1日目:JAL JL925 羽田〜那覇 クラスJ

2日目:ピーチ MM921 那覇〜台北(TPE) エコノミー

2日目:台北駆け足観光〜台中へ移動

3日目:日月潭 一周サイクリング

4日目:ピーチ MM922 台北(TPE)〜那覇 エコノミー

4日目:JAL JL912 那覇〜羽田 クラスJ

 

 

 

 

4日目:JAL JL912 那覇〜羽田 クラスJ

ピーチの便が遅れる可能性を想定していたため、那覇での乗り継ぎ時間は長めに確保しており、2時間以上も時間が余ってしまいました。

とりあえずJAL便のチェックインを済ませます。ダメ元で前便への変更をお願いするも予約便より前は全て満席とのこと。おとなしく2時間待つことにします。

f:id:Pablo21:20170730004432j:plain

チェックイン後は昼食。今回は到着ロビーの端にひっそりと佇む空港食堂を利用。出発フロアのレストランに比べると良心的な値段設定です。

f:id:Pablo21:20170730004419j:plain

ソーキそば650円。

f:id:Pablo21:20170730004407j:plain

食事を終えたら制限エリアへ。今回、通常の保安検査場の奥にファーストクラス及び上級会員用の専用保安検査場があるのを発見。通常の保安検査場に人が溜まっていると陰に隠れる見つけづらい位置にあり、今までは気づきませんでした。

f:id:Pablo21:20170730004355j:plain

ここを通るとそのままラウンジへ直結。

f:id:Pablo21:20170730004344j:plain

ひたすらラウンジで時間をつぶして、やっと搭乗。この機材もファーストクラスの設定がないB767です。

f:id:Pablo21:20170730004322j:plain

出発。整備士の方々が手を振る見送りは那覇でも例外なく実施されています。

f:id:Pablo21:20170730004311j:plain

離陸。

f:id:Pablo21:20170730004259j:plain

今回は幸い天気もよく、上昇していく間も本島がくっきり見えていました。

f:id:Pablo21:20170730004225j:plain

国内線のサービスは特に代わり映えせず、朝が早かったこともあって早々に寝落ち。気づいたら夕方の房総上空でした。

f:id:Pablo21:20170730004203j:plain

羽田着。

f:id:Pablo21:20170730004142j:plain

降機後にゲート前のエリアで、クルーの集団に声をかけては都道府県ステッカーをごっそりもらっている中年男性を見かけました。JALの意図とは違うのでしょうが、全都道府県のコレクションを手っ取り早く揃えるには賢い戦略です。

4日目:ピーチ MM922 台北(TPE)〜那覇 エコノミー

この日は朝一番の高鉄に乗って桃園空港へ向かう必要があるため、それに間に合うように早めに出発。朝食もパスして5時半過ぎにはホテルをチェックアウトし、6:00台中駅発の在来線に乗車します。

f:id:Pablo21:20170729195058j:plain

10分ほどで高鉄の台中駅に到着。まだ店も開店前で、朝の静けさに包まれています。

f:id:Pablo21:20170729195030j:plain

唯一開店していたセブンイレブンで朝食用の弁当を購入してプラットホームへ。

f:id:Pablo21:20170729195043j:plain

朝一番の高鉄は台中始発。指定席を購入していましたが、これなら自由席でもよかったかもしれません。

f:id:Pablo21:20170729195019j:plain

乗車後、セブンイレブンの弁当で朝食。日本のコンビニ弁当と比べるとずいぶん質素です。

f:id:Pablo21:20170729194943j:plain

車窓。日本と何となく似た風景ですが、生えている木々が南国にいることを感じさせます。

f:id:Pablo21:20170729194930j:plain

40分で桃園駅に到着し、ここで空港行きのMRTへ乗り換え。

f:id:Pablo21:20170729194920j:plain

高鉄の桃園駅は地下、MRTの桃園駅は高架ですが、専用通路で繋がっているので大きな荷物があっても難なく移動可能です。当然のことながら空港アクセスのことがしっかり考えられている造りでした。

f:id:Pablo21:20170729194841j:plain

9:30発の那覇行きのフライトに合わせ、7:40頃にはピーチのチェックインカウンターに到着しましたが、待っていたのは長蛇の列。どうやら9:15発の関空行きのフライトもあるのがその理由のようです。那覇空港と違い、自動チェックイン機はありません。

f:id:Pablo21:20170729194808j:plain

那覇行きと関空行きで列は別々。関空行きの方はさらに奥まで行列が続いていました。

f:id:Pablo21:20170729194753j:plain

30分並んでようやくチェックインの順番が回ってきます。パスポートを渡すと、一人客だったためか非常口席のオファーを受けたのでもちろん承諾。窓側と通路側のどちらがいいかという希望まで聞いてもらえました。事前に指定すると結構な料金がかかるので、これはラッキー。

f:id:Pablo21:20170729194728j:plain

ピーチは桃園空港ではターミナル1を利用しており、プライオリティパスを所有していればラウンジが利用可能です。しかし、今回は持ってくるのを忘れてしまったため、出発エリア内をぶらぶらして時間つぶし。

f:id:Pablo21:20170729194652j:plain

とはいえ、特に買いたい物があるわけでもないので、早々に出発ゲートへ。ゲート前にはペットボトルの自動販売機があり、多くの人が購入していました。LCCならではの光景です。

f:id:Pablo21:20170729194614j:plain

定刻で搭乗開始。思いがけず非常口座席を確保できたおかげで、LCCでも快適なこの座席ピッチ。

f:id:Pablo21:20170729194534j:plain

機内は往路と違い中国語対応のクルーはいないようで、中国語の案内は録音の音声でした。往路のフライトがたまたまだっただけかもしれません。

離陸。

f:id:Pablo21:20170729194439j:plain

機内誌をチェックしていると、スカイライナーの割引券を発見。成田利用時にはよく使うので気になったのですが、当然ピーチ利用客しか使えず個人的にはメリットなし。そもそもピーチの乗客はほとんどが東京駅への格安バスか京成線の普通列車を利用して、スカイライナーには流れないようなイメージですが、この割引券の効果はどの程度でしょうか。

f:id:Pablo21:20170729194505j:plain

有料機内食のメニューも確認。そこまで法外な値段設定ではありませんが、この距離ならわざわざ機内で食べるほどではありません。注文している乗客もほとんどいませんでした。

f:id:Pablo21:20170730004443j:plain

窓のシェードは下から上に引っ張り上げるタイプ。あまり見かけない方式だなと思って後で調べたら、非常口座席のみこの仕様になっているようです。

f:id:Pablo21:20170729194427j:plain

先島諸島の上空を飛んでいきますが、残念ながら翼の上のため景色はイマイチ。

f:id:Pablo21:20170729194415j:plain

あっという間に那覇まで戻ってきました。

f:id:Pablo21:20170729194400j:plain

駐機場の奥には香港航空のA330でしょうか。那覇空港国際線ターミナルはボーディングブリッジがあるはずなのに、なぜわざわざ沖止めになっているのかは不明です。

f:id:Pablo21:20170729194306j:plain

ピーチはLCCターミナルなので当然沖止め。

f:id:Pablo21:20170729194255j:plain

降機後は歩いてターミナルへ。どう見ても倉庫にしか見えません。

f:id:Pablo21:20170729194242j:plain

このフライトは行きと違い乗客のほとんどが台湾の方でした。そのため、入国審査場では日本人用ブースが1カ所、外国人用ブースが2カ所の運用だったのですが、日本人の列は数名しか並んでいないのに対して外国人の方は大行列。

おかげで、メインターミナルへ向かうバスも混み合う前に乗車することができました。

f:id:Pablo21:20170729194220j:plain

 

3日目:日月潭 一周サイクリング

この日は今回の台湾旅行のメインイベントである日月潭へ。梅雨の時期だったので天気が気がかりでしたが、朝起きてみると幸運なことにこの通り快晴です。

f:id:Pablo21:20170724215556j:plain

まずは宿で朝食。ホリデイインエクスプレスはどこでも全世界どこでも朝食込みのレートです。

f:id:Pablo21:20170724215531j:plain

ビュッフェの種類はそこそこ。一泊8,000円ですから文句は言えません。

f:id:Pablo21:20170724215503j:plain

食堂から上を見上げると、ビル全体が吹き抜けになっていることがわかります。この内側を向いた部屋は宿泊費が少し安く設定されていますが、眺望は全く期待できません。

f:id:Pablo21:20170724215544j:plain

台中から日月潭までは南投客運というバス会社が運行しており、会社のホームページで時刻表もチェック可能です。出発地の台中干城站はホテルから徒歩2分のところにあり便利。

f:id:Pablo21:20170725224445j:plain

天気が良いうちに行ってしまおうと、朝一番の7:45発に乗車しました。台中干城站を出発した時点での乗車率は6~7割といったところ。

f:id:Pablo21:20170724215438j:plain

そのあと高鉄の台中駅でかなりの人が乗り込み満席となりました。下の写真に写っているのは満席でこのバスに乗りそびれた人たち。この日が土曜日だからということもあるかもしれませんが、台北や高雄から日帰りで日月潭へ行く場合、台中からのバスに乗るにはそれなりの待ち時間を覚悟した方がよさそうです。

f:id:Pablo21:20170724215401j:plain

バス道中の風景。墓の形式に沖縄と台湾の文化的な近さを感じます。

f:id:Pablo21:20170724215350j:plain

ほぼ時間通り、約2時間で日月潭に到着。水社という地区で降ろされます。

f:id:Pablo21:20170724215337j:plain

バス停向かいには観光案内所が入る建物があり、まずはここでパンフレット等を確保。もちろん日本語版もありました。

f:id:Pablo21:20170724213609j:plain

観光案内所の地下にはレンタサイクルショップがあります。

f:id:Pablo21:20170724213722j:plain

自転車のクオリティによってレンタル料金は5段階。ここに表示されているのが基本料金で、それに加え1時間毎に200台湾ドルがかかります。レンタルヘルメットとペットボトルの水1本も料金に含まれていますが、それでもそんなに安くはありません。

f:id:Pablo21:20170724213830j:plain

とりあえず一番安いカテゴリのものを選択。パスポートを預け、レンタル手続きを行います。自転車にはあまり詳しくありませんが、これでも全く問題ありませんでした。

f:id:Pablo21:20170724213841j:plain

レンタルショップに置いてあった地図。高低差もわかりやすく表示されているほか、迷いやすいポイントの注意書き等も書いてあり便利です。湖沿いを時計回りに一周回る約30kmのコースが定番とのことなので、私もこれに挑戦することに。

f:id:Pablo21:20170724215245j:plain

さっそくサイクリングスタート。最初の方は標識もしっかり整備されています。

f:id:Pablo21:20170724215217j:plain

初っ端から上り坂が多く不安になりましたが、15分ほど走ったところで日月潭での観光名所の一つである文武廟に到着。

f:id:Pablo21:20170724215126j:plain

階段の両サイドに構える獅子はどこか大陸的。

f:id:Pablo21:20170724215141j:plain

廟内部にも中華文化圏らしい金と赤の煌びやかな装飾が広がります。

f:id:Pablo21:20170724215048j:plain

お清めされたものでしょうか、ペットボトルの水が置いてあります。漢字から推測するに、持っていく人は寄付が必要なようです。

f:id:Pablo21:20170724215034j:plain

坂を登ってきただけあって、眺めは良好。雲が少し出てきましたがまだ天気に問題はなさそうです。

f:id:Pablo21:20170724215153j:plain

再び自転車に跨り、25分ほどで伊達邵という集落に到着。文武廟からここまでの道のりは下り坂が基本なので楽に来られます。ファミマがあったので、ここで冷えたジュースを補給。日月潭は標高が700m程あるとはいえ、この時期はかなり暑くこまめな水分補給は欠かせません。

f:id:Pablo21:20170724214901j:plain

伊達邵はスタート地点の水社のちょうど対岸に位置し、連絡船で簡単に訪れることができます。

f:id:Pablo21:20170724214924j:plain

そのため、目抜き通りは観光客向けの商店がたくさん。まだ昼時には少し早かったのですが、ここでランチ休憩とするのもよさそうです。

f:id:Pablo21:20170724214945j:plain

伊達邵を過ぎると、今回のコースで一番の登りに差し掛かります。ギアを軽くしてゆっくり進んでいると、おもしろい看板に気づきました。筍を勝手に採ったら罰金10万台湾ドルといったところでしょうか。それだけ台湾でも筍は人気の食材なのでしょう。

f:id:Pablo21:20170724214838j:plain

基本的にコースの大部分はこのような車道です。交通量は多くありませんが、側道が狭いので油断は禁物。

f:id:Pablo21:20170724214824j:plain

20分ほどの急登で玄奘寺に到着。正門のシルエットからわかる通り、西遊記三蔵法師を祀った寺院のようです。

f:id:Pablo21:20170724214716j:plain

地図をよく見ると、三蔵法師がインドへ行くのに通った道筋が記されています。この道筋を辿って旅行するのもウイグルカシミールなど面白そう。

f:id:Pablo21:20170724214703j:plain

ここまでの上り坂で足にも疲労が溜まっていますが、なんとか階段を登って寺院内へ。

f:id:Pablo21:20170724214652j:plain

文武廟に比べるとシンプルな作り。

f:id:Pablo21:20170724214640j:plain

ここには玄奘大師(=三蔵法師)紀念館も併設されています。入場無料。

f:id:Pablo21:20170724214606j:plain

中にはさらに詳しいインドへの道のりの解説が。これを見るとサマルカンドや現在のアフガニスタンも通っているようで、さすがにこのルートを辿るのはしばらくは難しそうです。

f:id:Pablo21:20170724214523j:plain

写経スペースもあります。英語・中国語・日本語が用意されているとのことでした。

f:id:Pablo21:20170724214534j:plain

 ここも文武廟と同じく高台に位置しているため展望ポイントになっています。天気もどうやら持ちそうです。

f:id:Pablo21:20170724214616j:plain

ここからはひたすら下り坂。ブレーキさえ握っていれば全く足を動かす必要はなく楽々。

f:id:Pablo21:20170724214427j:plain

途中、何もないところで不自然に駐車されている車を何台も見つけました。これが例の筍をこっそり採りに来た人たちなのでしょうか。

f:id:Pablo21:20170724214359j:plain

また20分ほど走ってトンネルの前まできたら、ここで車道とは別れ、右方向に折れる小道へ。

f:id:Pablo21:20170724214348j:plain

小道の入り口にあったこの看板は「この先工事中につき観光客は入るべからず」と書いてあるように読める気がするのですが、レンタサイクル屋ではそのような注意を一切受けていなかったので少し戸惑わされます。ただ、ここまで来て引き返すわけにもいかないのでそのまま進むことに。

結果的には問題なく通り抜けでき、何を意図した看板だったのかは不明です。

f:id:Pablo21:20170724214310j:plain

ここから先は自動車を気にせず快適なサイクリング。

f:id:Pablo21:20170724214259j:plain

ただ、急な下り坂で階段になっているところはさすがに一度降りて自転車を引いていくしかありません。

f:id:Pablo21:20170724214247j:plain

途中分かれ道で迷いそうになるところもありますが、こういうところは全てレンタサイクル屋にあった地図に写真とともに注意書きが載っています。念のため地図を写真に撮っておいて正解でした。

f:id:Pablo21:20170724214223j:plain

この頃になると雲が多くなってきました。雨が降り出しそうな気配。

f:id:Pablo21:20170724214207j:plain

しばらく進むとルートが湖畔へ。この辺りからキャンプ場などが周りに現れ、他の観光客をちょくちょく目にするように。

f:id:Pablo21:20170724214134j:plain

さらに進むと向山ビジターセンターに到着。ここで雨が降り出してきてしまったので、しばらく休憩することに。

f:id:Pablo21:20170724214048j:plain

ビジターセンターにはカフェやトイレの他、日月潭に関する簡単な展示もあります。この模型でいうと左側が丸い太陽の形、右側が半月の形をしていることから、日月潭という名前がついているそうです。

f:id:Pablo21:20170724213927j:plain

15分ほどで雨も止み再出発。ここから先はフラットな自転車専用道が整備されているのですが、水社と向山ビジターセンターの間だけの往復ルートでサイクリングをする観光客が多く自転車の量が急激に増えるため、あまり速度を出した運転はできません。

f:id:Pablo21:20170724213916j:plain

走行時間2時間3分でゴール。走行距離は30km弱なので、平均時速15km程度で運転していたことになります。途中の休憩時間等も含めると、全部で3時間半ほどの日月潭一周サイクリングでした。

f:id:Pablo21:20170724213852j:plain

サイクリング後は水社でちょっと遅い昼食。中心部の雰囲気は日本の温泉街のようです。

f:id:Pablo21:20170724213708j:plain

適当な食堂に入りましたが、英語のメニューもしっかり用意されており、一大観光地であることを感じさせます。

f:id:Pablo21:20170724213654j:plain

ワンタン麺は75台湾ドル(=約280円)。観光地でも食事が安いので助かります。

f:id:Pablo21:20170724213643j:plain

台中からのバスチケットは往復で買っているので、帰りはいつでも好きな時間帯のバスに乗ることができます。15:40発のバスに乗車しました。

f:id:Pablo21:20170724213557j:plain

帰りは高鉄の台中駅で下車。翌日は始発の高鉄で桃園空港に向かわなくては飛行機に間に合わないので、念のためにチケットを買っておきました。翌日以降のチケットでも自動券売機で簡単に購入可能です。

f:id:Pablo21:20170724213513j:plain

有人のチケット売り場は25分待ちの大混雑。自動券売機で簡単に購入できるのに、なぜこちらに長蛇の列ができるのかは謎です。

f:id:Pablo21:20170724213502j:plain

この高鉄台中駅、日系のテナントがかなり多く入っています。ロイヤルホストモスバーガー

f:id:Pablo21:20170727232902j:plain

反対側にはヤマザキパンや大戸屋

f:id:Pablo21:20170724213451j:plain

丸亀製麺までありました。まるで日本のよう。

f:id:Pablo21:20170724213440j:plain

台中市街までは昨日バスを使ったので、今日は在来線で。ここでももちろん悠遊卡が利用可能です。

f:id:Pablo21:20170724213428j:plain

在来線の駅名は新烏日。この看板もJRのものを彷彿とさせます。

f:id:Pablo21:20170724213417j:plain

この日の気温は35度。気候は日本よりも東南アジアより。

f:id:Pablo21:20170724213407j:plain

新烏日駅から在来線の台中駅までは10分ほどと、バスよりも所要時間はかなり短く済みました。台中駅は最近駅舎の建て替えが行われ、高架仕様の立派なものに。

f:id:Pablo21:20170724213341j:plain

ただ、昔ながらの風情ある旧駅舎も未だ健在。

f:id:Pablo21:20170727235807j:plain

現在は新駅舎への通路として解放されています。

f:id:Pablo21:20170727235843j:plain

チケット売り場もそのまま。

f:id:Pablo21:20170727235819j:plain

プラットホームもきちんと残っています。新駅舎がオープンした昨年10月まではこちらが現役でした。

f:id:Pablo21:20170727235905j:plain

ホテルに帰る前に、駅の反対側にあったショッピングモールを物色。

f:id:Pablo21:20170728000028j:plain

地下にカルフールがありました。会社へのばらまき土産はここで適当に調達。

f:id:Pablo21:20170728000003j:plain

台湾には様々なところで日本語が溢れており、スーパーでも日本語で表示された製品を多く見かけます。日本語で表記されている=日本からの輸入品=高品質ということなのだと思いますが・・・

f:id:Pablo21:20170727235950j:plain

実際よく見ると上海製。このように、実際は現地メーカーの中国製のものがほとんどです。それでも日本人向けでもないのに日本語で表記しているのは製品に『箔をつける』ためなのでしょうか。よくわからない感覚です。

f:id:Pablo21:20170727235940j:plain

ホテルに戻る途中、小腹が空いたので露天で饅頭を購入。

f:id:Pablo21:20170727235745j:plain

なんとなく漢字から想像がついた香茹筍包を購入。予想を裏切らない中身でした。中華圏を旅行する際は、漢字が理解できるということが欧米人観光客に対する大きなアドバンテージになります。

f:id:Pablo21:20170727235729j:plain

夜はホテル近くにある一中街の夜市へ。

f:id:Pablo21:20170727235704j:plain

台湾の他の夜市と同じく、ここもB級グルメ天国。

f:id:Pablo21:20170727235617j:plain

しかし、週末の夜ということもあり狭い通りは大混雑。前に進むことすら一苦労で、早々に断念。

f:id:Pablo21:20170727235643j:plain

今回の台湾旅行のシメは豆花。これは日本でも絶対流行る味なのですが、なかなか東京ではお目にかかることができません。早くブームが来ることを願うばかり。

f:id:Pablo21:20170727235717j:plain

 

2日目:台北駆け足観光〜台中へ移動

桃園空港から、今年3月に開業したばかりのMRTに乗って台北の中心部へ。路線図によると、普通車と直達車(急行)の2種類があるようです。

f:id:Pablo21:20170704225610j:plain

自動券売機で悠遊卡を買ってホームへ。運賃は桃園空港から台北駅までは160台湾ドル(約600円)です。

このホーム、表示がイマイチわかりづらく、次に来る列車が普通なのか直達なのかよくわかりません。

f:id:Pablo21:20170704225558j:plain

とりあえず一番最初に来た電車に乗車。各駅に停まっていくので、どうやら普通車だったようです。

f:id:Pablo21:20170704225548j:plain

途中、A8の長庚醫院駅で直達車との待ち合わせがあったので乗り換えました。空港駅にわかりやすい表示があれば最初から後発の直達車に乗ったのですが。

f:id:Pablo21:20170704225524j:plain

普通車のロングシートに対して直達車はクロスシートと内装に違いがあるので、今後はそれで見分けられそうです。

f:id:Pablo21:20170704225512j:plain

直達車の連結部にあるこの表示はどこかで見覚えがあると思ったら、香港の空港鉄道とそっくりでした。

f:id:Pablo21:20170704225455j:plain

桃園空港から乗り換えを含めて約40分で台北駅に到着。最初から直達車に乗っていれば所要時間はもっと短かったはずです。

f:id:Pablo21:20170704225444j:plain

台北駅で見かけた、その名もDAIJOUBUというエナジードリンク

f:id:Pablo21:20170704225429j:plain

台北駅からはMRTに乗り換えて中正紀念堂駅へ。駅から外に出てすぐのところにある金峰魯肉飯でまずは腹ごしらえ。

f:id:Pablo21:20170704225358j:plain

有名な店らしく、日本人観光客も何組か来ていました。魯肉飯のサイズは大中小から選べ、中サイズと味玉で55台湾ドル(約200円)と激安ですが、味は文句なし。どこへ行っても食事が安くて美味しいのは東アジア・東南アジアの一番の魅力です。

f:id:Pablo21:20170704225411j:plain

食事を済ませたら中正紀念堂へ。台北は以前にも1度訪れているのですが、ここだけは前回時間がなく行きそびれていたので、今回台中へ向かう前に立ち寄ることに。

f:id:Pablo21:20170704225344j:plain

本堂には入場無料で入れます。正面に鎮座するのは蒋介石の巨像。その前ではちょうど衛兵の交代セレモニーがやっているところでした。

f:id:Pablo21:20170704225334j:plain

セレモニー終了後に衛兵に近寄ってみると、背後には送風機が。この日は30度を超えて湿気も高めと、なかなか過酷な仕事です。

f:id:Pablo21:20170704225301j:plain

本堂から敷地を望むと、この規模感に圧倒。大陸由来の民族であることを嫌でも連想させられます。

f:id:Pablo21:20170704225250j:plain

本堂の下は蒋介石の足跡を辿るミュージアム。こちらも入場無料でした。日本語の解説があるのはさすが台湾です。

f:id:Pablo21:20170704225238j:plain

台北駅へ戻り、高鉄で台中へ向かいます。10分〜20分間隔で運行しているため、事前に予約する必要はありません。

f:id:Pablo21:20170720235405j:plain

日本の新幹線技術が輸出されたため、内装も日本のものとそっくりです。

f:id:Pablo21:20170720235353j:plain

台北から台中までの運賃は700台湾ドル(約2,600円)。約1時間で到着しました。

f:id:Pablo21:20170720235318j:plain

高鉄の台中駅は台中市街から少し離れており、中心部へは在来線かバスでアクセスすることになります。在来線の方が迷わず簡単なのですが、今回は駅構内を歩いていたらちょうどバス乗り場に着いたのでそのままバスに乗ってみることに。

バスは何路線もあるので、自分の行き先に向かうかどうか確認が必要です。幸い台中の路線バス網はGoogle Mapに登録されているので、検索して出てきた番号のバスに乗れば間違いありません。

f:id:Pablo21:20170720235254j:plain

電車で10分のところをバスだと40分かかって中心部へ。

f:id:Pablo21:20170720235229j:plain

今回の宿泊先はホリデイインエクスプレス。最安値だった内側向きの部屋で予約していたが、当日チェックインすると最上階のパークビューをアサインしてもらえました。これもIHGゴールドのおかげでしょうか。

f:id:Pablo21:20170720235218j:plain

パークビューの名の通り、眼下には台中公園。奥には台中市街が広がり文句無しの眺めです。1泊約8,000円でこれなら満足、おすすめの宿です。

f:id:Pablo21:20170720235153j:plain

昼寝をしたあと、暗くなってから街中をぶらぶら。川沿いは綺麗に整備されており散歩に最適です。

f:id:Pablo21:20170720235107j:plain

台中でも有名な観光名所、宮原眼科。

f:id:Pablo21:20170720235057j:plain

名前の通り、日本統治時代の1927年に眼科としてオープンした建物ですが、現在は観光客向けのお土産屋になっています。

f:id:Pablo21:20170720235024j:plain

中は眼科当時の雰囲気を残しています。ただ、日本語を話す店員も多いですがセールスの押しが強くあまりゆっくりすることはできません。パイナップルケーキ等が売られていますが、価格は日本の高級店並み。

f:id:Pablo21:20170720235035j:plain

夕飯には台湾といえばおなじみの小籠包。これを食べただけでも台湾に来た甲斐があるものです。

f:id:Pablo21:20170720235131j:plain

食後はこれも台湾定番のかき氷。

f:id:Pablo21:20170720234945j:plain

台湾名物を一通り味わってこの日は終了です。