Out of Office 旅に出よう

とあるサラリーマンの週末旅行記&搭乗記

6日目:JAL JL558 旭川〜羽田 クラスJ

旭川空港へ向かう前に、せっかく旭川まで来たのでラーメン屋へ。駅から徒歩数分のところにある「青葉」へ向かいました。

f:id:Pablo21:20201113212240j:plain

スタッフのおばあちゃんや店主のおじさんなど、スタッフの方が優しくアットホームな雰囲気のお店でした。ラーメンも安くて美味しい。

f:id:Pablo21:20201113212450j:plain

ラーメンを食べ終えたら、駅前から連絡バスで空港へ。コロナ禍だからだと思いますが、このバスも乗客はこの程度です。

f:id:Pablo21:20201113212553j:plain

40分で旭川空港に到着。入り口ではこんなポスターがお出迎えです。豪雪地帯にあるにも関わらず、この通年平均就航率は誇るべき数字だということでしょう。

f:id:Pablo21:20201113212715j:plain

ターミナルに入って左側がANA

f:id:Pablo21:20201113212905j:plain

右側がJALです。

f:id:Pablo21:20201113212841j:plain

手書きで機内の空気循環について説明。個人的には、大声での会話さえ自粛すれば、機内は十分安全なのだと思っています。

f:id:Pablo21:20201113212937j:plain

JALANAのカウンターよりさらに左は国際線ターミナルなのですが、あちらは電気も落とされて真っ暗。旭川のような地方空港に国際線が戻ってくるのは残念ながら当分先のことでしょう。

f:id:Pablo21:20201113213030j:plain

外国人観光客向けのガチャガチャが虚しく映ります。

f:id:Pablo21:20201113213144j:plain

チェックイン後は展望デッキへ。ちょうどエアドゥの到着便が間近だったのでそれを待つことにしました。

f:id:Pablo21:20201113213215j:plain

この日は左側(南側)からのアプローチ。

f:id:Pablo21:20201113213340j:plain

国内線など今までほとんど乗って来なかったので、エアドゥの機体を初めてマジマジと見ました。サービスはANAと同等なのですかね。

f:id:Pablo21:20201113213456j:plain

保安検査を通って制限エリアへ。この規模の地方空港になるとサクララウンジの設置はなく、あるのはカードラウンジのみでした。ただ、中を覗きましたが搭乗ゲート前よりも混雑している雰囲気だったので、ここは入らずに回避。

f:id:Pablo21:20201113213657j:plain

ゲート前のベンチでサッポロクラシックを飲んで搭乗を待ちます。

f:id:Pablo21:20201113214018j:plain

搭乗便は20:15発。さすがに夏の北海道とはいえ、搭乗時刻には真っ暗になりました。見えにくいですが、機材はB767-300です。

f:id:Pablo21:20201113214101j:plain

機内誌の表紙はフランス。行けませんが、気分だけでも。

f:id:Pablo21:20201113215208j:plain

7月時点での国内線クラスJのサービスは、パックのお茶のみ。

f:id:Pablo21:20201113215251j:plain

夜間フライトなので特段外の景色も見られず、うつらうつらとしているうちに羽田に着いて終了。やはり国内線のフライトは味気なく、早く国際線に乗れる日が来て欲しいものです。

f:id:Pablo21:20201113215327j:plain