Out of Office 旅に出よう

とあるサラリーマンの週末旅行記&搭乗記

4日目:利尻島滞在 (1) 鴛泊サイクリングロード、姫沼園地、ペシ岬

宿に着いたのは15時前。まだ暗くなるまで時間があるので、フェリーの中から見えたサイクリングロードを少し走ってみることにしました。

宿では無料の自転車貸し出しサービスがあるのですが、ちょうど最後の1台だけ残っており、それを借りてサイクリングスタート。ママチャリですが、遠出をするわけではないので問題ないでしょう。

f:id:Pablo21:20201108181441j:plain

宿の真裏がもうサイクリングロード。所々で右前方に利尻岳が見えたりと、晴れている中で気持ちの良いサイクリングです。

f:id:Pablo21:20201108171828j:plain

宿から15分ほどで、フェリーから見えた橋に到着しました。

f:id:Pablo21:20201108180413j:plain

橋から望む鴛泊の街並み。岬のようになっている部分の先端の丘も眺めが良さそうなので、帰りに寄ってみることにします。

f:id:Pablo21:20201108180453j:plain

反対側には聳える利尻岳。明日登山予定なので、今日と同じように晴れてくれることを願います。

f:id:Pablo21:20201108180530j:plain

更に15分ほど走ってやって来たのは姫沼園地。ここに着くには、サイクリングロードから離れて5分ほど車道を進む必要があるのですが、その車道が自転車にはなかなかの急勾配。良いエキササイズになります。

f:id:Pablo21:20201108180624j:plain

姫沼。湧水を堰き止めて造った人造湖だそうです。

f:id:Pablo21:20201108180811j:plain

沼の周りを30分ほどで周回できる遊歩道が整備されているので、ふらっと一周。

f:id:Pablo21:20201108181021j:plain

途中、ポン山という名前の山への登山道への分岐があります。もう少し時間があればこちらにも行ってみたかったのですが、またの機会に。

f:id:Pablo21:20201108181101j:plain

一周している間に急に雲が出て来てしまい、歩き終わる頃には利尻岳は雲の裏に隠れてしまいました。山の天気は変わりやすいのです。

f:id:Pablo21:20201108181155j:plain

姫沼の売店。ポストカード等のちょっとしたお土産が置いてありますが、食べ物はほとんどありません。

f:id:Pablo21:20201108181255j:plain

姫沼を後にしてサイクリングロードを更に進み、ゴール地点の野塚展望台に到着。不思議なモニュメントが目印です。

f:id:Pablo21:20201108181246j:plain

展望台からの景色。帰りは海岸沿いの車道経由で鴛泊へと戻ります。

f:id:Pablo21:20201108181743j:plain

帰りに立ち寄ったのが、サイクリングロードから見えた岬。ペシ岬という名前でした。

f:id:Pablo21:20201108183057j:plain

上までは歩いて5分ほど。すぐに着きます。

f:id:Pablo21:20201108183143j:plain

ペシ岬展望台。

f:id:Pablo21:20201108183207j:plain

予想通り、鴛泊の町が一望出来ました。ただ、午後は逆光になってしまったので、訪れるのであれば午前中の方が良いかもしれません。

f:id:Pablo21:20201108183259j:plain

奥の方には礼文島も見えました。利尻と比べるとやはり平らなシルエットの島です。

f:id:Pablo21:20201108183356j:plain

先の方に灯台もありますが、そちらは立ち入り禁止エリア。

f:id:Pablo21:20201108183329j:plain

利尻岳は雲がかかっていますが、山頂部分のみ何とか見えました。雲の形も刻一刻と変わります。

f:id:Pablo21:20201108183431j:plain

宿に戻る途中、セイコーマートに立ち寄り明日の登山の行動食等を調達。北海道で展開するローカルコンビニチェーンですが、セブンやローソンと比べても安いし旨いしで、北海道旅行中はお世話になりました。

f:id:Pablo21:20201108183540j:plain

夕食は宿で。豪華というわけではありませんが、地元の食材を使った手作り料理で美味しく頂きました。

f:id:Pablo21:20201108183746j:plain