Out of Office 旅に出よう

とあるサラリーマンの週末旅行記&搭乗記

1日目:JAL JL62 成田〜ロサンゼルス ビジネス

最近は羽田発の便への搭乗が続いていたので、成田からの出発は8ヶ月ぶり。第2ターミナルの出国の動線は改装工事でも行なっているのか、優先保安検査場の場所もいつもと少し違っていました。

f:id:Pablo21:20190930005803j:plain

この日は成田⇒ロサンゼルス⇒ダラス⇒リマ⇒イキトスという旅程。LAXまでJAL、そこからダラス経由でリマまではAA、最後にリマからイキトスまではLATAMの国内線という乗り継ぎなのですが、今回も最終区間のLATAM便はボーディングパスが印刷できませんでした。どうやらJALとLATAMはシステムの相性が良くないようです。

また、今回もいつも通りSSSSに当選。左上のEというボールペンの文字は、米国線搭乗時に必要な追加質問について、チェックイン時にカウンターで済ませているという意味。これが書かれていないと、ゲート前で待ち構えるスタッフに捕まり、お決まりの質問(荷物は自分で梱包したものか?等)を受けることになります。

f:id:Pablo21:20191003222044j:plain

久しぶりの成田ではファーストクラスラウンジも工事中でした。9月時点では、4階のみリニューアルオープン済みとのこと。

f:id:Pablo21:20190930005813j:plain

改装後の4階のレイアウト。面積の7割程度をダイニングが占めており、もはや食堂のような雰囲気。3階がリニューアルオープンすれば、そちらがリラックススペースという区分けになるようです。今までとは3階と4階の位置付けが逆になることになります。

f:id:Pablo21:20190930005907j:plain

4階のダイニングスペース。窓はありますが眺望はほとんど無く、その点では改装前に比べると劣ります。

f:id:Pablo21:20190930005826j:plain

また、ビュッフェコーナーは大幅に縮小し、このようなオーダーメニューが登場しました。この他にラーメンや寿司もあります。

f:id:Pablo21:20190930005836j:plain

今回はサラダプレートをオーダー。ぱっと見、今までビュッフェコーナーに置いてあったサラダと内容は変わりありません。同じ具材でも、盛り付けをスタッフが行うオーダー形式にしただけでサービス向上したかのように感じさせるのが、JALの狙いでしょう。追加コストも大してかかりません。

f:id:Pablo21:20190930005846j:plain

シャワールームは変わらず3階。ただしここも改装が入ったのか、少し狭くなった(?)気がします。

f:id:Pablo21:20190930005857j:plain

ロサンゼルス行きの出発ゲートはラウンジからすぐ近くの61番。JALの数ある北米線の中でも、LAX線はJFK線と並んで需要の高い路線ということもあり、ファースト&エメラルドの優先搭乗に並んでいるのもかなりの人数でした。

搭乗開始が予定より10分ほど遅れたこともあり、ゲート前はかなり混雑しています。

f:id:Pablo21:20190930005916j:plain

SSSSの追加検査を終えて機内へ。ウェルカムドリンクは相変わらずのプラカップです。

f:id:Pablo21:20190930005928j:plain

アメニティポーチはメゾンキツネ。最近ポーチのデザインがコロコロと変わっている印象がありますが、中身は従前と変わりありません。

f:id:Pablo21:20190930210545j:plain

夕方の第2ターミナルは、JALの北米便と東南アジア便の到着・出発が重なり大盛況。第1ターミナルのANAには負けますが、それでも各ゲートにはずらっとJALの機材が並びます。

f:id:Pablo21:20190930005939j:plain

そんなわけで離陸の滑走路も混雑。5機分ほど順番待ちをした上で、やっと離陸となりました。

f:id:Pablo21:20190930005949j:plain

九十九里浜から太平洋へ。

f:id:Pablo21:20190930210508j:plain

機内食メニュー。今回は和食を選びました。

f:id:Pablo21:20191004201038p:plain

アラカルトメニュー。1食目のあとは好きなタイミングでここからオーダー出来ます。

f:id:Pablo21:20191004214302p:plain

まずはアミューズ。これは和洋共通ですが、珍しく2品とも似た系統です。

f:id:Pablo21:20190930210613j:plain

続いて小鉢類。9月の東京はまだ真夏のような暑さでしたが、栗やキノコなど秋を感じさせる内容になっていました。

f:id:Pablo21:20190930210655j:plain

メインは牛と鮭。JALの和食メインの魚料理は、最近かなりの確率で幽庵焼きな気がします。

f:id:Pablo21:20190930210708j:plain

デザートは全くロールされた気配の無いロールケーキ。

f:id:Pablo21:20190930210721j:plain

食事が終わると目的地までの残り時間は6時間ちょっと。西海岸はやはり近いのです。日本時間で20時半と寝るにはまだ早いですが、アルコールのおかげでスムーズに眠りにつけました。

f:id:Pablo21:20190930210735j:plain

目が覚めると既に北米大陸は目前。5時間弱ほど眠れました。

f:id:Pablo21:20190930210820j:plain

到着前の食事はアラカルトからアジの漬け丼とフルーツ。定食のセットも用意されていますが、前回の食事からそれほど時間が経っていないこともあり、この程度で十分でした。

f:id:Pablo21:20190930210758j:plain

サンフランシスコの上空を通過。ゴールデンゲートブリッジもしっかり見えます。

f:id:Pablo21:20190930210831j:plain

サンフランシスコ国際空港。十字にクロスした滑走路が特徴的なのですぐにわかります。

f:id:Pablo21:20190930210844j:plain

サンフランシスコを通過して1時間ほどでロサンゼルス上空。大都市であることは間違いありませんが、こうして見ると高層ビルの数は東京に比べると随分と控えめ。

f:id:Pablo21:20190930210916j:plain

縦横の道路で四角く分かれた区画と、それを突っ切る高速道路。いかにも米国らしい都市計画です。

f:id:Pablo21:20190930210929j:plain

出発は若干遅れたものの、定刻より少し早くロサンゼルスに到着。午前中の国際線ターミナルは、東アジア各地からの到着便で賑わっていました。奥に駐機しているアシアナと大韓はどちらもA380というあたりからも、LAXの太平洋路線の太さが想像できます。

f:id:Pablo21:20190930210944j:plain

星条旗がお出迎え。

f:id:Pablo21:20190930211011j:plain

APCで丸印をもらえたため、入国審査はほとんど待たずに通過。米国到着便としては奇跡的に、預け荷物がターンテーブルから出てくる前にここまでたどり着きました。

f:id:Pablo21:20190930211026j:plain