Out of Office 旅に出よう

とあるサラリーマンの週末旅行記&搭乗記

5日目:大韓航空 KE713 釜山〜成田 ビジネス

国内線ターミナルから外に出ると、すぐ左手に見えるのが国際線ターミナル。十分歩いて移動できる距離です。

f:id:Pablo21:20181214221612j:plain

国際線ターミナルは、規模は大きく無いながらも賑わっています。

f:id:Pablo21:20181214221624j:plain

大韓航空は保安検査入り口に一番近いベストポジションのカウンターを確保していました。まあ韓国のフラッグキャリアですから当然でしょう。ただ、今回は金浦で既にボーディングパスを入手済みなのでここは立ち寄ること無くスルー。

f:id:Pablo21:20181214221636j:plain

行き先を見ると、ほとんどが日本行き。大阪行きに至っては30分間隔で飛んでおり、国内線かと思うような頻度です。

f:id:Pablo21:20181214221703j:plain

出国後は大韓航空ラウンジへ。JALもここを利用するようです。

f:id:Pablo21:20181214221714j:plain

ハブ空港でも無いのであまり期待はしていませんでしたが、まさにその通り。椅子がただ並んでいるだけで、金浦の国内線ラウンジと大差ありません。最低限のフード類が置いてあるのが辛うじて国内線ラウンジとの違いですが、それでもサンドイッチや辛ラーメンなど特に食指が伸びるものはありませんでした。

f:id:Pablo21:20181214221724j:plain

ちなみに隣りはエアプサンのラウンジ。LCCのラウンジとは少し奇妙な感じもしますが、エアプサンアシアナ航空の子会社であり、アシアナが釜山発着便の大半をエアプサンに移管してしまったのに伴い、ラウンジの運営も移管されたようです。

f:id:Pablo21:20181214221737j:plain

定刻で搭乗開始。

f:id:Pablo21:20181214221757j:plain

この日の機材はB737-900。ビジネスクラスは8席設定があるのですが、他の乗客は誰もいませんでした。

ちなみに、やはりこの短距離路線ではビジネスクラスの需要が少ないのか、大韓航空の釜山〜成田線は今年11月の冬スケジュールより機材がモノクラスのA220-300(CS300)に変更になり、ビジネスクラスの設定は廃止されています。

f:id:Pablo21:20181214221809j:plain

単通路機ということでソウル線に比べるとシートは劣りますが、サービス内容は変わりありません。離陸前にはウェルカムドリンクとナッツがサーブされました。

f:id:Pablo21:20181214221822j:plain

ゲート出発。離陸前に整備員が手を振ってくれるのは日本だけではなかったようです。

f:id:Pablo21:20181214221925j:plain

日系LCCのピーチももちろん釜山に就航しています。これくらいの距離であればLCCでも全く問題無いでしょう。

f:id:Pablo21:20181214221936j:plain

離陸。

f:id:Pablo21:20181214221949j:plain

山沿いに拡大していく釜山の街。

f:id:Pablo21:20181214222016j:plain

離陸後、機内食メニューが配られます。メインはお馴染みのビビンバか和食の2択。

f:id:Pablo21:20181214221834j:plain

大韓航空に乗ると、いつも同じとわかっていてもやはりビビンバを頼んでしまいます。

f:id:Pablo21:20181214222028j:plain

ご飯のパックを器に移すと入れ替わりにスープが出てくるところまで必ず一緒。もう覚えました。

f:id:Pablo21:20181214222041j:plain

ワインはミニボトルでサーブされます。日韓線の距離を考えれば仕方ないのかもしれませんが、少し残念な気も。

f:id:Pablo21:20181214222053j:plain

ちなみに、大韓航空の日韓線に乗るたびにいつも不思議に思っているのですが、ワインの選択肢が赤かポートのみで白がありません。韓国では白ワインはあまり好まれないということなのでしょうか。

f:id:Pablo21:20181214222002j:plain

一応デザートとしてフルーツも。

f:id:Pablo21:20181214222104j:plain

福井県あたりから日本の上空へ。

f:id:Pablo21:20181214222117j:plain

成田に着いたのはもう暗くなり始める頃でした。

f:id:Pablo21:20181214222128j:plain