Out of Office 旅に出よう

とあるサラリーマンの週末旅行記&搭乗記

往路:カタール航空 QR807 成田〜ドーハ ビジネス

急に決まったセルビア出張。本当は羽田発の方がアクセスも楽でいいのですが、既に予約時点で羽田発のフライトのビジネスクラスは満席になっていました。カタール航空は湾岸諸国のボイコットにも関わらず日本線は好調なようです。

当日は、出発時刻の1時間半ほど前に成田のチェックインカウンターに到着。エコノミークラスの方には長蛇の列が出来ていますが、ビジネス側は列も無く、すぐにチェックイン完了です。

f:id:Pablo21:20171217175023j:plain

この日の機材はB777-200LR。

f:id:Pablo21:20171217175034j:plain

B777のシートはA350B787と違いソロシートではなく2-2-2のの配列なので、窓側に座ると通路へのダイレクトアクセスは確保されません。この日はビジネスクラスが満席だったので、私の隣りの席も埋まってしまい、トイレに出るとき等は少し不便さを感じます。

ただ、シートの前後・左右のゆったりさはかなりのもの。B777といえば、JALのスカイスイートで2-3-2、ANAスタッガードで2-4-2というのが基本の配置。それらと比較すると、その広さがわかるかと思います。

ウェルカムドリンクはロゼシャンパンをもらいました。ビジネスクラスシャンパンを2種類以上積んでいる会社もなかなかありません。

f:id:Pablo21:20171217175046j:plain

離陸前の安全ビデオは、いつのまにかFCバルセロナ仕様は終了してしまったようです。

f:id:Pablo21:20171217175630j:plain

離陸後、東京の夜景を下界に眺めながら上昇していきます。

f:id:Pablo21:20171217175111j:plain

機内食メニュー。カタール航空の長距離線は、アラカルトメニューで好きな組み合わせを自分で注文するスタイルが基本。それに加えて日本路線の場合は和食懐石というセットメニューが離陸後の夕食、到着前の朝食でそれぞれ選べます。

f:id:Pablo21:20171217175419j:plain

離陸後は夕食タイム。まずはナッツからスタート。器に入れられた状態で温められたナッツが出てきます。

f:id:Pablo21:20171217175125j:plain

続いてアミューズ。これはメニューに記載はありませんが全員に提供されます。

f:id:Pablo21:20171217175136j:plain

夕食は和食を選択。前菜とメインがワンプレートで一気に出てきました。この時点で既に22:45頃なので、早く食事を終えて眠りたい乗客へ配慮かもしれません。

f:id:Pablo21:20171217175151j:plain

食後のデザートは日本らしい柚子ケーキ。

f:id:Pablo21:20171217175219j:plain

満席にも関わらずテンポのいいサービスで、長崎県上空あたりで夕食サービスは終了しました。

f:id:Pablo21:20171217175203j:plain

食後はすぐ就寝し、目覚めるとパキスタン上空。7時間半ほど眠れたようです。

飛行経路は中国から中央アジア経由かと思いきや、ヒマラヤの南に回りこみインドを横断していくルートでした。直線距離では中央アジアルートよりかなり長いですが、気流の影響でしょうか。

f:id:Pablo21:20171217175235j:plain

まだ到着までは2時間半ほどありますが、目が覚めてしまったので朝食をもらうことに。まずはスムージー。

f:id:Pablo21:20171217175248j:plain

朝は洋食で、オムレツと鶏グリル。

f:id:Pablo21:20171217175304j:plain

最後にアラカルトから追加でフルーツももらいました。

f:id:Pablo21:20171217175329j:plain

朝食後にはGODIVAのチョコレートが配られます。

f:id:Pablo21:20171217175342j:plain

夜でも煌々と明るいラスラファンの天然ガスプラント群が見えたら、ドーハもすぐ近くです。

f:id:Pablo21:20171217175354j:plain

今までは日本からのフライトだと東からのアプローチが基本でしたが、UAEのボイコットの影響で、現在では北からのアプローチ。そのおかげで、ドーハの夜景を眼下に見ながらの着陸となりました。

f:id:Pablo21:20171217175406j:plain

到着は現地時刻の3:05と、朝のピークよりは少し早い時間帯なのですが、なぜかバスゲート。それでも、ビジネス利用客は専用バスが用意されているのでエコノミー利用客を待つ必要もなく、また保安検査場の真下までバスに乗っていけるので、遠いゲートがアサインされるよりは良いのかもしれません。