Out of Office 旅に出よう

とあるサラリーマンの週末旅行記録

2日目:マレーシア航空 MH604 シンガポール〜クアラルンプール ビジネス

マレーシア航空の指定ラウンジはSATSプレミアラウンジ。正直に言って大したラウンジではありません。

f:id:Pablo21:20171015000740j:plain

羽田でほとんど時間が無かったため、まずはシャワーを借りることに。狭いシャワーブースで、シャンプー類は備え付けのもののみ。ドライヤー等はありません。

f:id:Pablo21:20171015000709j:plain

食事は朝食メニューがいくつか。ホットミールでは点心系が数種類と、自分で麺を茹でて作るラクサが置いてありました。

f:id:Pablo21:20171015000721j:plain

搭乗時刻に合わせてゲートへ。ゲート前のセキュリティチェックでの行列はチャンギの恒例行事です。

f:id:Pablo21:20171015000750j:plain

今回の機材はただのB737なのですが、どうやらA380も対応可能なゲートのようでした。全員アッパーデッキ用のブリッジから機内へ。

f:id:Pablo21:20171015000802j:plain

B737ビジネスクラスは今までに5回以上は乗ったことがあるのですが、初めて目にするタイプの旧型シートでした。こんな年代物のシートを今でも運用しているとは驚きです。

f:id:Pablo21:20171015000814j:plain

隣に駐機していたのはスクートのB787アムリトサル行きです。スクートは親会社であるSQが飛ばしても採算が取れないようなインドの中規模都市へ就航しており、うまくSQと補完し合えているようです。

f:id:Pablo21:20171015000825j:plain

発着便で滑走路が混み合っているとのことでドアクローズ後も15分ほどゲートで待機した後に、やっと出発。SQのA380が一足先に離陸していきました。

f:id:Pablo21:20171015000836j:plain

続いて搭乗便も離陸。そのまますぐに旋回したので、チャンギ空港の全景が見えました。赤茶色の部分は現在建設中であるターミナル5の予定地。現存のターミナル1~4を合わせたものとほぼ変わらない大きさで、途方もない規模のターミナルになりそうです。

f:id:Pablo21:20171015000856j:plain

ウビン島上空を通過しながら上昇していきます。

f:id:Pablo21:20171015000907j:plain

水平飛行に入る前に、食事のサーブが始まります。前回同区間に乗った時は、早朝便だったからか袋に入った菓子パンの配布だけでしたが、今回はシンプルなものとはいえホットミールが出てきました。

f:id:Pablo21:20171015000918j:plain

食事を終える頃にはもう降下を始めています。

f:id:Pablo21:20171015000928j:plain

今年に入って最近クアラルンプールを経由する機会が多く、離発着時の風景も見慣れてきてしまいました。

f:id:Pablo21:20171015000940j:plain

1時間もしないうちにクアラルンプールに到着。

f:id:Pablo21:20171015000950j:plain