Out of Office 旅に出よう

とあるサラリーマンの週末旅行記録

4日目:マレーシア航空 MH191 デリー〜クアラルンプール ビジネス

デリーでの乗り継ぎ時間は6時間。あまりに早すぎてまだチェックインも出来ないので、とりあえず到着フロアにあるプラザプレミアムラウンジで休憩。

f:id:Pablo21:20171011222234j:plain

3時間ほど経って、そろそろチェックインも始まっただろうというタイミングで出発フロアへ。デリーの空港は一度建物外に出ると再入場が面倒なので、屋内で国際線の出発ロビーに続くルートはどこだろうと探していると、一番端にありました。

f:id:Pablo21:20171011222246j:plain

出発ロビーは国際線も国内線と同じ場所。

f:id:Pablo21:20171011222258j:plain

マレーシア航空のカウンターでチェックイン。預け荷物はスリナガルからスルーで日本まで預けていたのですが、その情報もきちんと口頭で確認してくれたので安心です。

f:id:Pablo21:20171011222311j:plain

セキュリティチェック、出国審査を越えて制限エリアへ。これだけカースト文化の濃い国なのに、優先レーンは全くありません。

f:id:Pablo21:20171011222337j:plain

マレーシア航空の指定ラウンジは、手前の混雑しているプレザプレミアムではなく、奥のITC GREEN LOUNGEです。

 

f:id:Pablo21:20171011222350j:plain

中は混雑。食事も大したクオリティではないですが、いくつかのホットミールは用意されています。

f:id:Pablo21:20171011222402j:plain

デリー空港はこの時間帯が最も賑やか。インドの首都らしく北米線・欧州線も多く飛んでいます。

f:id:Pablo21:20171011222414j:plain

マレーシア航空のゲートはかなり奥の方でした。

f:id:Pablo21:20171011222447j:plain

各ゲート脇にはゆっくり休めそうな椅子が設置されています。混雑したラウンジよりはこっちの方がリラックスして過ごせるかもしれません。

f:id:Pablo21:20171011222500j:plain

ゲートはターミナルの最奥部にあり、ラウンジからは歩いて10分ほどかかりました。着いた時にはもうFinal Callの表示。

f:id:Pablo21:20171011222514j:plain

搭乗。この日もまたビジネスクラスは満席でした。今回は右側の一人席を選択したので、両サイドに物置きスペースが確保されています。

f:id:Pablo21:20171011222526j:plain

定刻で出発。

f:id:Pablo21:20171011222556j:plain

デリーからクアラルンプールまでは5時間ほど。どうせすぐに眠っても十分な睡眠時間を確保することは出来ないので、しっかり食事をもらうことにします。

最初にドリンクと一緒にピーナッツがサーブされるのはいつも通りですが、何故か今回はエコノミークラス用のパッケージで配られます。まあ、マレーシア航空ですから。

f:id:Pablo21:20171011222624j:plain

おきまりのサテー。インド路線ではさすがにビーフのチョイスはなく、チキンとラムの2種類です。

f:id:Pablo21:20171011222637j:plain

メニューは特に配布されず、口頭で伝えられてその場で答えるのみ。今回のメインはチキンヌードル、フィッシュマサラ、インドベジタリアンとのことだったので、迷わずチキンを選択。てっきり中華風かと予想していたら、パスタ麺で不思議な味でした。

f:id:Pablo21:20171011222706j:plain

何故かデザートは2種類。マレーシア航空はいつもどこかズレているのですが、それも含めてこのエアラインの醍醐味。

f:id:Pablo21:20171011222650j:plain

サテーの後メインが出てくるのに時間がかかり、食事が終わる頃にはもうコルカタあたり。すぐにシートを倒して就寝。

f:id:Pablo21:20171011222721j:plain

いつも通り、着陸直前まで寝かせてくれるのもマレーシア航空のいいところ。クルーに起こされてシートを元に戻したら、すぐクアラルンプールに到着していたのでした。

f:id:Pablo21:20171011222735j:plain