Out of Office 旅に出よう

とあるサラリーマンの週末旅行記録

9日目:オーストリア航空 OS332 オスロ(OSL)〜ウィーン ビジネス

結局ホテルで寝られたのは3時間ほど。朝5時過ぎにはシャトルバスに乗って空港に戻ります。

大空港らしく大きな掲示板に行き先がずらっと並んでいます。ほぼ全てヨーロッパの域内線ですが、ドブロブニクサントリーニ、イラクリオン、スプリト、ロードス、アリカンテといった地中海沿いのリゾート都市への直行便が目立つあたりが北欧の空港らしいところでしょうか。

f:id:Pablo21:20170902155932j:plain

ボーディングパスは既に手元にあり、預け荷物もロストされてしまったので、チェックインカウンターに立ち寄る必要はありません。そのまま制限エリアへと向かいます。その際、SAS用のファストトラックがあったので当然使えるものと思いましたが、バーコードをかざすと弾かれてしまいました。どうやらスターアライアンス他社の利用客はファストトラックの対象外のよう。

f:id:Pablo21:20170902155921j:plain

制限エリアに入ったら、そのままスカンジナビア航空のラウンジへ。

f:id:Pablo21:20170902155946j:plain

朝から賑わっています。

f:id:Pablo21:20170902160011j:plain

奥にはスターアライアンスゴールド専用エリアもあります。以前にフランクフルト空港でも思ったことですが、上級クラス利用者よりも上級会員を優遇するのは不思議な感じです。ワンワールドではBAのヒースロー、QRのドーハなど逆パターンはあるものの、このパターンは無いはず。

f:id:Pablo21:20170902155959j:plain

北欧らしいスタイリッシュなデザインの空港です。

f:id:Pablo21:20170902160022j:plain

ウィーン行きのゲートはこちら。

f:id:Pablo21:20170902160034j:plain

どうやらバスゲートのようです。

f:id:Pablo21:20170902160048j:plain

雨が降っている中を急いで搭乗。

f:id:Pablo21:20170902160101j:plain

機材はエンブラエルのE195。2-2の座席配置で、ビジネスクラスの場合は2席を独占できるため通常の3-3の座席配置の機材よりも広々としています。

f:id:Pablo21:20170902160116j:plain

機内食。朝食としては十分でした。三角形の食器類がオーストリア航空の特徴です。

f:id:Pablo21:20170902160128j:plain

離陸時は雨でしたが、ウィーンが近づくと晴れてきました。いかにもヨーロッパという風景の中を下降。

f:id:Pablo21:20170902160151j:plain

到着もバスゲート。ウィーンでの乗り継ぎは70分しかありませんが、ヒースローやCDGのような大空港ではないので、特に乗り継ぎの心配はありません。

f:id:Pablo21:20170902160205j:plain