Out of Office 旅に出よう

とあるサラリーマンの週末旅行記録

2日目:ロイヤルエアモロッコ AT583 カサブランカ〜ビサウ エコノミー

カサブランカでのスケジュール上の乗り継ぎ時間は1時間20分。行ったことのない空港ということもあり、このスケジュールで問題なく乗り継ぎが出来るのか予約時は若干不安だったのですが、結果的には無問題でした。

バスでターミナルに降ろされた後、通路を進んで行くと大きな看板で乗り継ぎの案内が出ています。

f:id:Pablo21:20170531231443j:plain

この案内に従って進むと保安検査場にたどり着き、そこを抜けるともう出発ゲートです。到着便が重なる時間帯は乗り継ぎ用の保安検査が混み合うらしいのですが、今回は他に到着した便が無かったのか、待つことなくスムーズに通過できました。

出発便一覧を見ると、私が搭乗するビサウ便以外にもダカール、バンジュル、アクラ、コナクリラゴスフリータウンと西アフリカ各地への便が同時間帯に出発予定になっています。

f:id:Pablo21:20170531231455j:plain

空港自体はひと昔前の造り。

f:id:Pablo21:20170531231508j:plain

無料Wifiのポスターはあるものの、電波を掴むことはできませんでした。

f:id:Pablo21:20170531231522j:plain

時間通りに搭乗開始。この時驚いたことに、搭乗時のスタッフによるパスポートチェックが無く、ボーディングパスだけでゲートを通過出来てしまいました。これでは出発ロビーで他人とボーディングパスを交換すれば誰でもノーチェックでこの便に乗れてしまい、保安面で問題になるような気がするのですが。。。

ちなみに、この便の搭乗もバスゲートでした。機体も先ほどと同じくB737-800です。

f:id:Pablo21:20170531231533j:plain

オンラインチェックイン時に座席の埋まり具合を事前にチェックすると、前半分はほぼ満席の一方で後ろ半分はほとんど指定されていなかったので、普段は選ばない後方座席を意図的に指定していました。それが結果的には大正解で、前方は混み合っているものの後方はがらがらでエコフラットも余裕。0:50カサブランカ発、3:30ビサウ着という極悪スケジュールのフライトなので、横になれるかどうかは死活問題です。

f:id:Pablo21:20170531231545j:plain

前回の便にはありませんでしたが、この便の座席ポケットには機内誌が入っていました。

f:id:Pablo21:20170531231559j:plain

どのエアラインに乗った時も機内誌でまずチェックしたいのは就航路線一覧のページ。普段あまり聞かないようなマイナーなエアラインなら尚更です。

こう見ると、西アフリカ各地への路線網は他の追随を許さないレベル。その他にも最新機材のB787でドーハ、ニューヨーク、サンパウロ等の長距離線も飛ばしており、意外と侮れない規模。最近はIAGとの協力関係を強めているようなので、将来的にワンワールドに加盟してもらえればアフリカが一気に行きやすくなります。

f:id:Pablo21:20170531231635j:plain

西欧各国(主にフランス)からはモロッコ地方都市への直行便も飛ばしています。マラケシュあたりは観光需要も多いでしょうが、その他の都市は主にモロッコ人移民の帰省用でしょうか。

f:id:Pablo21:20170531231703j:plain

水平飛行に入ると同時にエコフラットで横になります。途中クルーから機内食を食べるかの確認で起こされたものの、とてもこんな深夜に食事をする気にもならず、水だけもらって食事はパス。羽田を出てから既に30時間以上経過しフライトも4便目ということで疲労もピークに達し、着陸態勢に入るまで寝続けました。

着陸時、下界の明かりが全く見えずまだ雲の上かと思っていたら、そのままドスンと着陸。雲の上だったのではなく、ただ単に地上に電灯が全くないので真っ暗に見えていただけというアフリカらしいオチ。

ギニアビサウの入国カードは機内では配られず、到着時に空港スタッフから受け取りますした。ただ、用意されているのは公用語ポルトガル語以外ではフランス語版のみ。西アフリカに来たことを否が応でも実感させられます。

ビザについては、アライバルで取得可能かどうかイマイチ確証が持てなかったので、今回は事前にオンライン申請をしておきました。オンラインで申請をしてクレジットカード情報を入力すると数分で受付メールが送られて来るので、それを入国時に提示すれば空港でビザを発行してもらえます。ビザ受付のオフィサーに確認したところ、オンライン申請無しのアライバルでも取得可とのことでしたが、オンライン申請の63.95ユーロに比べてアライバルは85ユーロと割高なので、オンライン申請を利用する方がお得ということになります。

空港からは事前に送迎を依頼しておいたホテルの車で市街へ直行しました。

f:id:Pablo21:20170531231715j:plain