読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Out of Office 旅に出よう

とあるサラリーマンの週末旅行記録

2日目:キャセイパシフィック航空 CX421 台北〜香港 ビジネス

JALで台北に到着したので、まずはキャセイのボーディングパスを入手するためにキャセイの乗り継ぎカウンターに行く必要があります。ここの空港はエアライン毎に乗り継ぎカウンターの位置が違っており、表示によるとキャセイはBカウンターのようです。

f:id:Pablo21:20160922204928j:plain

サインはわかりやすいので、迷うことはありません。

f:id:Pablo21:20160922205130j:plain

矢印に従っていくと、スカイトレインのホームに着きます。

f:id:Pablo21:20160922205501j:plain

これに乗って2分ほど移動。ターミナルを移動する乗り継ぎをする人は少ないのか、乗客は他にいませんでした。

f:id:Pablo21:20160922205132j:plain

降りるとすぐBカウンターに到着し、キャセイのスタッフからボーディングパスを受け取ります。元々の予約便は13:00発のCX511便でしたが、一便前でも間に合うので無料で変更が可能だということで、11:55発のCX421便に変更してもらいました。

台北のキャセイラウンジは羽田と同じコンセプトで非常に似た雰囲気です。ヌードルバーもありました。

f:id:Pablo21:20160922205656j:plain

搭乗ゲートは左右でビジネスとエコノミーにわかれています。

f:id:Pablo21:20160922210153j:plain

ソウル発らしく、私の座席近辺の担当クルーは韓国人女性コンビでした。

座席は短距離路線仕様。

f:id:Pablo21:20160922210504j:plain

前の座席との距離も近いです。この路線のような1~2時間程度のフライトであれば問題ないですが、成田やチャンギの深夜便でこれはきつそうです。

f:id:Pablo21:20160922210542j:plain

リクライニング操作もかなりシンプル。

f:id:Pablo21:20160922210822j:plain

フライトは定刻でゲートを離れましたが、雨の影響で滑走路前で待機します。

f:id:Pablo21:20160922210808j:plain

20分ほど待ってから離陸しました。

f:id:Pablo21:20160922211912j:plain

航路表示がおかしいことになっていますが、こんな飛び方をしたわけではありません。

f:id:Pablo21:20160922210836j:plain

機内食メニュー。

f:id:Pablo21:20160922211923j:plain

まずはメイン以外がワンプレートで出てきます。

f:id:Pablo21:20160922211933j:plain

メインはいつも通りワゴンカートで持ってきます。見ながら選べるのでこの方式も結構好きです。今回はポークを選びました。

f:id:Pablo21:20160922211956j:plain

この短距離フライトでもしっかりホットミールをサーブしてくるのはさすが中華系エアライン。

短距離では出発の遅れを取り戻せず、少し遅れたまま香港に到着しましたが、元々もう一便遅い予約だったので、香港での乗り継ぎに影響はありません。

f:id:Pablo21:20160922212306j:plain