読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Out of Office 旅に出よう

とあるサラリーマンの週末旅行記録

10日目:JAL JL9 シカゴ〜成田 ファースト

リマでのチェックイン時にはシカゴまでしかボーディングパスが発行されなかったので、まずはJALの出発ゲートへボーディングパスを受け取りに行きます。

幸い乗ってきた便の到着ゲートがJAL出発ゲートの隣りだったので、あっという間に手続き完了。ボーディングパスと一緒にファーストクラス客用の手荷物タグを受け取りますが、さすがに付けるのは恥ずかしいのでいつもバッグにしまってそのままです。

シカゴ発のJAL便は経験上いつもフラッグシップラウンジの真正面のゲートを使うので、直前までラウンジでゆっくり出来て便利です。混んでいたので写真は撮れませんでしたが、利用客の8割はJALに搭乗する日本人に見受けられました。

搭乗時間になるとラウンジ内でも日本語のアナウンスが流れ、機内へ。

f:id:Pablo21:20160913233900j:plain

ファーストの乗客は、夫婦+息子2人の4人家族と1組のゲイカップルに私で7人。フラッグシップラウンジが日本人ばかりだったのとは対照的に、実際のファーストクラスは意外にも私以外は全て外国人(白人)です。

さすがJALらしく、スムーズに搭乗も終わり定刻で出発しました。ちょうどランチタイムの出発なこともあり、離陸後はすぐ食事が始まります。

今回は洋食を選択しました。JALのファーストクラスといえばおなじみのサロンと一緒に一品目からスタート。

f:id:Pablo21:20160915225553j:plain

 続いて乾きもの。このシリーズ、ファーストでしか出てこないと思いますが、結構好きでいつももらってしまいます。

f:id:Pablo21:20160915225536j:plain

3品目。ここでパンが出てきます。写真右のものはメニューにはガスパチョと書いてありましたが、完全に固まっていてゼリーのようになっていました。こういう食べ方もあるのでしょうか。

f:id:Pablo21:20160915225515j:plain

4品目。ここでキャビアが登場。

f:id:Pablo21:20160915225448j:plain

5品目。やっとメインが出てきました。3種類から選べるのですが、だいたいいつもステーキに落ち着いてしまいます。ミディアムレアでお願いしたところ、しっかり希望通りになっていました。

f:id:Pablo21:20160915225432j:plain

本来洋食にはご飯は付いていないのですが、ステーキと一緒に少し食べたいなと思ってお願いしたところ、漬物と味噌汁まで一緒に頂きました。f:id:Pablo21:20160915225416j:plain

ようやくデザート。洋食のデザートが結構重そうなものだったので、ここも和食のデザートの方をもらいました。

f:id:Pablo21:20160915225349j:plain

ゆっくりと2時間ほどかけて食事が終了。それでもまだ成田までは10時間ほどあるので、席を倒してごろごろと映画を見ながら過ごします。仕事に戻る前の最後の贅沢です。

担当クルーの方にペルーでトレッキングをした帰りだということを話していたせいか、途中で反対側に綺麗な景色が見えますよと教えていただき、ギャレー横の窓に案内してもらうと、ちょうどアラスカ上空でした。真ん中は氷河でしょうか。ペルーでみたものとは規模が違います。

f:id:Pablo21:20160915225332j:plain

その後、ようやく眠くなってきたのでベッドメイクしてもらって数時間ほど睡眠。

到着2時間ほど前に目覚めて、アラカルトメニューから押し寿司とステーキ丼をもらいます。

f:id:Pablo21:20160915225317j:plain

定刻より20分ほど早く成田に到着しました。これで10日間のペルー旅行も終わり、翌日からは次の旅行まで仕事にしばらく集中です。