Out of Office 旅に出よう

とあるサラリーマンの週末旅行記&搭乗記

5日目:カタール航空 QR806 ドーハ〜成田 ビジネス

乗り継ぎのセキュリティを抜けて出発フロアへ。いつも不思議に思うのですが、このテディベアのオブジェはどういうコンセプトなのでしょう。若干ホラー感すらあります。 夜行便に備えて、ラウンジのシャワーでリフレッシュ。Al Mourjanラウンジにはシャワーコ…

4日目:カタール航空 QR1380 アルジェ〜ドーハ ビジネス

アルジェ空港は建物内に入場する際にまず手荷物検査を受ける必要があります。この時間帯はエミレーツとカタールの大型機2機の出発が重なる時間帯だからか、建物の外まで長蛇の列。 15分ほど列に並んでやっと建物内へ。カタール航空のチェックインカウンター…

4日目:アルジェ街歩き (2)

早いものでこの日で最終日。15時発のフライトまでは自由時間なので、ガイド無しでアルジェの街を探検に出かけます。 まずはホテルのすぐ近くにあるメトロの駅へ。 2011年に開業したばかりなので、まだピカピカ。 券売機では、なんと6カ国語が選択可能。フラ…

3日目:ティパサ観光

この日はアルジェから60kmほど離れた、世界遺産のティパサ遺跡を訪れます。ガイドとは朝9時にホテルロビー集合だったので、その前に1時間ほどアルジェの街をぶらぶら。 街の中心に立つ中央郵便局。フランス領時代の有名な建築の一つだそうです。 この辺りは…

2日目:アルジェ街歩き (1)

空港から車に乗り、まずは世界遺産に登録されているカスバ地区へ直行します。到着日がちょうど地方議会選挙の投票日だったため、街中には選挙ポスターが溢れていました。 丘に沿って広がるカスバの最上部まで車で到着。目印はオスマン帝国時代にアルジェ知事…

2日目:ロイヤル・ヨルダン航空 RJ517 アンマン〜アルジェ ビジネス

乗り継ぎ用の保安検査は特段の混雑も無くすぐに通過。ロイヤル・ヨルダン航空のホームラウンジであるCrown Loungeで少し休憩します。 出発フロアの2階部分に広がるラウンジは、階下から吹き抜けになっており開放的。 下には免税店が広がります。 まだ午前中…

2日目:ロイヤル・ヨルダン航空 RJ613 ドバイ(DXB)〜アンマン ビジネス

ドバイ空港では、エミレーツから他航空会社へ乗り継ぐ場合は、カンタスを除いて全てターミナル移動が必要になります。私も、エミレーツの到着ターミナルであるターミナル3から、ロイヤル・ヨルダン航空の発着するターミナル1へ移動。 到着して乗り継ぎ客用の…

1日目:エミレーツ航空 EK319 成田〜ドバイ(DXB) ビジネス

いつも通り、仕事を終えたらそのままオフィスから成田へ直行。21:20発なので、18時過ぎに東京駅を出るバスに乗れば十分間に合います。 エミレーツはA380を飛ばしているので乗客が多いせいか、チェックインカウンターも2コーナー分を使っています。こちらはフ…

2017年10月 インドネシア旅行 まとめ

本来はバリ島でアグン山の山頂までトレッキングをする予定で組んでいたインドネシア旅行ですが、ちょうど旅行が近づく時期になって、アグン山自身の噴火の可能性が騒がれ始めてきました。 どうしようかとしばらく様子を見ていたのですが、結局予定を変更して…

5日目:中国国際航空 CA181 北京〜羽田 ビジネス

朝の北京の乗り継ぎは、かつて経験したことのないほどの長蛇の列でした。北京空港の乗り継ぎの行列は噂では聞いていたものの、今まではそこまでひどいものに遭遇したことが無かったのですが、これはかなりの長さ。奥の壁で列は右に曲がり、そのあとに階段を…

4日目:中国国際航空 CA872 クアラルンプール〜北京 ビジネス

KLMでジャカルタから到着したので、まずは乗り継ぎカウンターでエアチャイナのチェックイン。預け荷物もないので、一旦入国する必要はありません。 チェックイン自体は数分で完了したのですが、なんと手渡されたのは手書きの搭乗券。こんな搭乗券は初めて目…

4日目:KLMオランダ航空 KL810 ジャカルタ(CGK)〜クアラルンプール ビジネス

スカイチームのうち何社かは既にターミナル3へと移動しましたが、KLMはまだターミナル2発着。ガルーダからの乗り継ぎの場合はターミナル3から2へと移動しなければなりません。 移動手段はスカイトレインかシャトルバス(どちらも無料)なのですが、スカイト…

4日目:ガルーダ・インドネシア航空 GA573 バリクパパン〜ジャカルタ(CGK) ビジネス

サンボジャ・ロッジにアレンジしてもらった車で空港へ。新しいターミナルなので屋内もまだまだ綺麗です。国内線ということで出発1時間前を目安に到着したのですが、残念ながら搭乗便は1時間の遅延ということでした。 ガルーダの優先チェックインカウンターは…

3~4日目:サンボジャ・レスタリ滞在

バリクパパンのホテルで13時にピックアップをしてもらい、車に乗ってサンボジャ・レスタリへ。 サンボジャ・レスタリとは、バリクパパン近くの熱帯雨林に造られた、オランウータンやマレーグマを保護し、野生に戻すための訓練を行うリハビリセンターです。施…

2~3日目:バリクパパン街歩き

バリクパパンの宿はSwiss-Belhotel。インドネシアでよく見かけるホテルチェーンで、バリクパパンではOcean Squareという中心部のショッピングモールに隣接したところに立地しています。 物価が安いインドネシアらしく、1泊約5,000円とリーズナブルな価格設定…

2日目:シティリンク QG904 デンパサール〜バリクパパン エコノミー

SQでデンパサール空港に着いたら、まずは国際線ターミナルから国内線ターミナルへ。税関を越えると、バリが目的地であれば右の自動ドアから外へ出て到着ロビーへ向かうのですが、国内線の乗り継ぎの場合はここを直進。 よく見ると、案内板にもDomestic Termi…

2日目:シンガポール航空 SQ938 シンガポール〜デンパサール ビジネス

羽田からの便の到着はターミナル3。到着後は、デンパサール行きの便が出発するターミナル2へ向かい、シルバークリスラウンジへ入室します。朝5時過ぎということもあり、まだラウンジ内は静か。 ラウンジ内のミールは朝食仕様。洋食から飲茶やお粥などの中華…

1日目:シンガポール航空 SQ635 羽田〜シンガポール ビジネス

数年ぶりのシンガポール航空。最近は5スターエアラインも増えてきた中で、ここは名実ともに文句無い5スターの質を維持しているエアラインなだけあり、搭乗前から楽しみにしていました。 まずはANAラウンジへ。このラウンジの売り(?)であるヌードルバーで…

2017年10月 セルビア出張 まとめ

昨年のオーストリア出張以来、約1年ぶりの海外出張の行き先はまたしてもヨーロッパでした。プライベートならまだしも、仕事となると時差のキツい地域は体に堪えるので避けたいところですが、どうやらクジ運がよくないようです。 今回の出張先のセルビアは200…

復路:エティハド航空 EY878 アブダビ〜成田 ビジネス

乗り継ぎ時間は1時間45分と十分あったので、とりあえずラウンジへ。 エティハドのホームラウンジということで面積は広く混雑した印象は受けませんでしたが、窓が無いので少々閉塞感があります。 フード類はビュッフェスタイルのみですが、文句無しのラインナ…

復路:エティハド航空 EY72 ベオグラード〜アブダビ ビジネス

帰りはエティハド航空。エミレーツ、カタールと並ぶ中東御三家で唯一今まで乗ったことがなかったエアラインです。 ここの空港はファストレーンがしっかりと用意されており好印象。後ろの反転フラップ式掲示板も良い雰囲気を出しています。 エティハド航空は…

ベオグラード滞在

今回の宿はクラウンプラザ。ベオグラードの中心からはサバ川を挟んだ反対側、ノヴィ・ベオグラードという地区にあるホテルです。 最上階の部屋がアサインされました。窓からは街の中心部の方を望むことができます。 部屋自体は可も無く不可も無く。自費では…

往路:カタール航空 QR231 ドーハ〜ベオグラード ビジネス

ドーハでの乗り継ぎ時間は4時間。クワイエットルームは今回も満室だったので、ビジネスセンターの裏にあるリクライニングチェアで休憩して時間を潰します。 やっと外が明るくなった頃、搭乗時刻に合わせてゲートへ。この便の機材はA320です。 定刻通りに搭乗…

往路:カタール航空 QR807 成田〜ドーハ ビジネス

急に決まったセルビア出張。本当は羽田発の方がアクセスも楽でいいのですが、既に予約時点で羽田発のフライトのビジネスクラスは満席になっていました。カタール航空は湾岸諸国のボイコットにも関わらず日本線は好調なようです。 当日は、出発時刻の1時間半…

2017年9月 ベトナム旅行 まとめ

実は訪れるのが初めてというベトナム。騒々しくて観光客相手のぼったくりも多そうな国という認識だったので、ホーチミン、ハノイ、ダナンという大都市は避け、北部の山岳地帯であるサパを訪れることに。ここにも観光地化の波は既に到達していたものの、少し…

6日目:JAL JL220 関空〜羽田 エコノミー

日航ホテルで1泊したあとは、翌日の早朝便に乗って羽田へ帰ります。 関空では数年前にLCCターミナルが開業しているのですが、ジェットスター、春秋、バニラ等はまだメインターミナルに残っているようです。LCCターミナルは実質ピーチ専用ということでしょう…

5日目:キャセイパシフィック航空 CX502 香港〜関空 ビジネス

乗り継ぎの保安検査を抜けたらラウンジへ。今回は乗り継ぎ時間が3時間あるので、The Wingでカバナを利用してゆっくりすることに。今まではいつも待つことなく入れたのですが、今回は20分ほど待ち時間がありました。 壮大なデザインの香港空港。機能性も含め…

5日目:キャセイドラゴン航空 KA296 ハノイ〜香港 ビジネス

ノイバイ空港の国際線ターミナルは2014年末に開業したばかりで現代的な建物です。 新ターミナルの建設には円借款が供与されていました。施工は大成建設とのこと。 日本企業が施工しているせいか、チェックインフロア部分の屋根は関空を彷彿とさせる造りです…

4日目:寝台列車 ラオカイ〜ハノイ

ハノイへの帰路はバスではなく寝台列車を利用します。チケットはサパで滞在していた宿のレセプションにお願いして手配してもらいました。 鉄道駅は、サパの町から35km離れた中国国境の町ラオカイにあります。ラオカイまでは宿に手配してもらった送迎車で1時…

4日目:サパ周辺トレッキング

翌日は7時頃に起床。宿代には朝食が含まれており、朝食メニューの中から食べ物と飲み物が、それぞれ気前よく2種類ずつ選べます。 朝からフォー。 食事を終えたら、この旅行のメインイベントであるトレッキングへ。サパ中心部のGraceful Hotelに入っているSap…